ログイン

メインメニュー

その他のニュース : エリア43ユーモアスピーチコンテスト記録
投稿者: kana 投稿日時: 2010-10-10 22:10:00 (621 ヒット)

2010年10月10日(日)、エリア43ユーモアスピーチコンテストが
本郷台アースプラザで開催されました。
今回は、英語と日本語のスピーチを同時に行う大胆な試みでした。


バイリンガルクラブは今までもあったもののエリアコンテストとして、英語クラブと日本語クラブが一緒に行うことはなかったものの
違ったカルチャーを持ったクラブ同士が一緒にコンテストを行った
成果は当初予想していた以上のものがありました。

英語のコンテスタントは4人、
日本語のコンテスタントは2人で行われ、
今回英語クラブからのコンテスタントの登録は英語のコンテストに2人、日本語クラブからはの登録は英語コンテストに2人、
日本語コンテストに2人の登録がありました。


英語コンテストでは、神奈川TMCから出場したW邊さんが、
クラブ内のインハウスコンテストで日本語で行ったスピーチ
「ソフトランディング」で見事優勝!
われらが前会長のポジティブサプライズは、神奈川TMCからコンテストを見学しにきたゲストにも英語クラブの参加者にも大きな衝撃でした。


日本語コンテストでは、
輝きTMCのI堂さんが「落としものは何ですか」で優勝されました。
このスピーチもボーカルヴァラエィとボディランゲージというスピーチにおける2つの要素にて参加者に大きなインパクトを与えるスピーチでした。


私個人的には、やっぱり神奈川TMCのM村さんのスピーチ「日本発信」がもっとも笑えて一番好きなスピーチです。
やっぱりユーモアスピーチなので、笑えるって大切です。


なんとこれらのスピーチを再度聞ける機会が11月6日市ヶ尾においてあります。
更なる磨きのかかった笑いをほしい方は、
11月6日(土)に開催されるディビジョンコンテストにぜひご参加ください。

http://www.kanagawatmc.org/modules/myalbum/photo.php?lid=341&cid=1

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の予定