ログイン

メインメニュー

例会の記録 : 第250回通常例会記録
投稿者: kana 投稿日時: 2016-11-23 13:21:32 (131 ヒット)

神奈川トーストマスターズクラブ第250回例会が2015年10月22日
午後17:30から、 かながわ県民センター711会議室にて行われました
S村会長の挨拶から始まり、例会が元気よくスタートしました。

そして本日はのゲストに3名の方が来てくれました。

今回のトーストマスターは私、H坂です。
今夜の言葉はHさんが、挙げてくれた「コミット、ロールバック」
日本語クラブの我々が例会で使うことを意識させる言葉でした。
役割説明のコーナーでは
計時係はO山さん、元気いっぱいの説明をして頂きました。
集計係はY野さん、ぶっ飛んだ”らしさ”のある説明でした。
文法係はS村さん、シッカリ見る、意気込みが表われていました。
えーとカウンターT田さん、ノリのいい伝え方が良いですね。
写真係はW辺さん、バシバシ撮影する意気込みが伝わってきます。



続いては、テーブルトピックスです。
このセッションは、即興でお題に合ったスピーチをします。
今回のテーブルトピックマスターはT本さん、緊張しながらの開始です。
季節は秋。なので秋に沿ったお題が出題されました。

最初に当たったのはゲストのT井さん。
「読書の秋。お勧めの本を教えてください」
 >子供を子供でなく一人の人格として見るべきという本を読んで心動かされた!
  ゲストさんながら堂々としたスピーチでした!

続いてのお題に当たったのはI永さん。
「スポーツの秋。印象に残ったシーンを教えてください」
 >ドーハの悲劇!テレビで観戦していて、最後の最後で!
  あのシーンはインパクトがありましたね。

3番目のお題に当たったのはS野さん。
「行楽の秋。印象に残った行事はなんですか」
 >大学時代、リーダーとして組織作りに失敗してしまったこと。
  人は失敗から学ぶもの、これからへのご自身の決意を印象付けるスピーチでした。

ラストのお題に当たったのはS藤さん。
「秋は季節の変わり目。体調管理のための風邪の防止策を教えてください」
 >パブロンSゴールドを飲む!そしてお酒を控える。
  グサッ、その通りですね。反省します。。


お待たせしました。いよいよく例会メインの準備スピーチのセッションです。
まず1本目は勢い有る新人さん、A野さんによる 基本マニュアル CC2「スピーチの構成」
タイトルは『今からでも遅くない』です。
        昔から悩んでいた鼻炎。治療して原因を探り、ふと考えてみる。
        もっと早くに直していたら、もしかして私の人生変わっていたかも!
        けど、気付くのに早いも遅いもない。そう、気付いた時に直していこう!
A野さんの前向きな言葉、考え方が伝わってくる温かいスピーチでした。


2本目はK泉さん。ユーモアのあるスピーチPJ3「聞き手を笑わせる」
タイトルは『感情表現方法』です。
自分のスピーチには「柔らかさ」、感情を表現する力が足りない。。
        悩むK泉さんに天啓が下りてきます。「メールの様に、感情を表現するマークを付ければいいじゃない!」
        斜め上のアイデアを駆使し、自身の感情を表現しまくる小泉さん。
        そして、最後にはこのアイデアを自信を持って進めるのですが・・・。
        K泉さんの真面目さとのギャップの凄い、楽しいスピーチでした!


3本目はS水さん。聴衆を楽しませるスピーチPJ1「楽しめるスピーチ」
タイトルは『女装魂』
        女装。それは変態の行う業。しかし、本当にそうなのでしょうか。
        女装とされるセーラー服の歴史。そして女装への抵抗を一つ一つ解きほぐしていきます。
        さあ、貴方も女装の道に片足を突っ込んでみませんか!
        ・・・聴衆の皆様にはある意味大変お見苦しいスピーチを(略


4本目はI黒さん。情報を伝えるスピーチPJ5「抽象的なテーマを題材とするスピーチ」
タイトルは『思い込み』
        ご自身の本当の年齢は!冒頭の衝撃の告白!
        でも、人は何かを思い込むことでその通りに変わっていくもの。
        悪い思い込み=重いゴミではなく、良い思い込みを作っていこう!
        普段考えていることについて、ハッとさせられるスピーチでした。

休憩を挟んで、論評のセッションが始まりました。
論評者は準備スピーチに対して、感想や意見、長所または改善点をフィードバックするコーナーです。

A野さんの論評はI永さん。
同じリケジョのA野さんへ、意外性や裏付けについてGOODであると挙げて頂きました。
改善点として、タイトルのスピーチへの結び付けや話の速度に気を付けるとなお良くなるとのこと。

K泉さんの論評はA藤さん。
画期的な発明としてアイデアの斬新さを挙げておりました。
更にこのスピーチをストーリーに載せると、聴衆が聴き入るという納得の指摘でした。

S水さんの論評はS野さん。
あくまで、女装に惑わされずスピーチに焦点を当てて、全体的に楽しく気蹴るスピーチであり
スケッチブックの見せ方や、心情のギャップ、女装のメリットを示すと皆の行動に繋がるというアドバイスでした。

I黒さんの論評はU澤さん。
スピーチ全体のレベルの高さを伝えられ、タイトルはズバリ!そして抽象的な概念であるだけに「思い込み」の定義付けが
あると更に良くなりますと伝えられました。



最後に総合論評、論評セッションをまとめるのは総合論評という役割です。
今回はI藤さんが総合論評を伝えられました。
スピーチや論評も全体的に素晴らしく、御自身が改善点を伝えるのに悩まれる場面がありましたが
悩まれる程に真剣に向合われているI藤さんの姿が印象的でした。

そしていよいよ今日の例会の受賞者の発表です。
テーブルトピックスの部、ベストテーブルトピック賞はS藤さん
論評の部、ベスト論評者賞はI永さんと、U澤さんのお二人。
準備スピーチの部、最優秀スピーカー賞はI黒さんでした。

受賞者記念撮影、ゲストさんから感想を頂きました。ゲストの皆さん、本当にありがとうございました。
最後にS村会長の締めの挨拶で閉会となりました。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の予定