ログイン

メインメニュー

例会の記録 : 第263回コンペ例会記録
投稿者: kana 投稿日時: 2017-4-29 11:33:38 (127 ヒット)

神奈川トーストマスターズクラブ第263回例会〜コンペ例会〜

本日は、神奈川クラブ初のコンペ例会と称した、 提案力向上の例会を行いました。
ほかのトーストマスターズクラブでほとんどやったことない例会に チャレンジしました。

普段の例会は、全国どこでもあるプログラムで行いましたが、 今回、提案にフォーカスを
当てました。

提案の内容は、「こんな例会やってみたい」です。
このテーマに神奈川クラブの新人さんからベテラン会員まで計5名 がチャレンジしました。

最初のコンペティターは、I黒さん
神奈川TMC定番の合宿例会・BBQ例会・ ハロウィン例会を合宿でまとめてやる例会を提案いただきました。
千葉の古民家(一人約お酒代など含んで7000円くらい) を貸し切って、 BBQをやったり夜はハロウィンのようにコスプレをする例会を提 案いただきました。
いつもの神奈川の合宿に新たなバリエーションが増えそうです。

2番目のコンペティターはA野さん
提案は「大げさ例会」
普段の例会をジェスチャーを大きくしたり、話を大げさにしたり、 リアクションを大きくしたりして例会を盛り上げようという内容で した。
言葉だけではなく、 表現の仕方も重要ということを数値を交えてご提案いただきました 。
表現方法は大事だということ、 秋のほら吹きスピーチコンテストにも役に立つ例会ですね。

3番目のコンペティターは入会して2か月のE山さん
提案は「なりきり例会」
例会に対して今日は誰になりきって例会を進めるということで自分 の好きな人になりきる。
なりきることで自分をさらけ出す、ボーカルバラエティを鍛える、 メンタルを鍛えるということで、普段のスピーチや、 コンテストにも非常に有益な例会を提案いただきました。
E山さんはアントニオ猪木になりきりたいとのこと、 みなさんの憧れの人わかりそうですね。

4番目のコンペティターはY野さん
提案は「例会ではなく霊会」
例会前にお墓まいりをして、自分の先祖を例会に誘って、 先祖どうしも例会に参加しようということ。
先祖を大切にすることや、 みなさんの周りにもご先祖がいるというとても先祖思いの例会と思 いました。

最後のコンペティターは、I永さん
提案は「カラオケ例会」
カラオケを通じて、 皆さんの個性をもっと知ろうということがメインで、 例会もスピーチ・論評をしつつ、 カラオケの歌のうまさも評価しようというとても楽しい例会を提案 していただきました。
普段は、 2次会や3次会でカラオケはするクラブですが例会内でやるのは新 鮮と思いました。

提案の後は、Q&Aコーナーで、 参加者全員でもしこの例会をやるとしたらここが疑問
実現するためにはどうすればよいかなど活発な議論になりました。

コンペスピーチのあとは基本に立ち戻って準備スピーチのコーナー
アイスブレーカー(初めてのスピーチ) でI井さんがチャレンジしました。

タイトルは「ささなみおかみよ、さようなら」
Iさんの会社では、準備スピーチがあり、Iさんは、 スピーチが嫌で給湯室に避難していました。
そういった中で、 これからスピーチを学んで克服していきたいという決意表明に近い スピーチを披露いただきました。
話し方、 ボーカルバラエティなどスキルが十分にあるスピーチでしたので今 後の成長が楽しみと感じました。

その後、例会を振り返る総合論評をA藤さん
I井さんのスピーチに対する論評をH坂さんが行いました。


そして、最後に新しい試み、クイズマスターのコーナー
各スピーチからテーマに関するお題がでてしっかり聞いていれば答えられる
というスピーチをしっかり聴くことの大事さを確認するコーナーです。
担当は、A野さん、様々なお題を出されましたが、みなさん楽しくかつ真剣に答えてました。



そして栄えある第1回のコンペ例会の最優秀コンペティターは、 I黒さんに決まりました。

この例会は、必ず実施ですので、日程等は調整してやります。
ただ今回の提案は、 今すぐできる例会がほとんどだったので他の提案も通常例会なこう どに
取り入れていけますので、乞うご期待です。

提案力というのは、仕事はもちろんのこと、 日常生活でも役に立つスキルです。

神奈川クラブは、マンネリ化せず、 今後もいろいろなことにチャレンジしていきます。

文責 S村

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の予定