ログイン

メインメニュー

例会の記録 : 第295回例会(プレゼン例会)記録
投稿者: kana 投稿日時: 2018-6-24 22:56:42 (118 ヒット)

2018.6.23神奈川トーストマスターズクラブ295回例会記録





今回で2回目となる、神奈川TMCでの新たな例会の形を提案する、プレゼン例会が行われました。

ゲストは町田バイリンガルのO山さん1名のみという超ホームな例会となり、プレゼンテーターのみなさんはやりやすかったと思います。



神奈川TMCのT田会長の挨拶から始まり、本日の司会は私、S水です。

まずは発声練習を兼ねたクラブスローガンの唱和を全員でしました。


「出会いと経験を糧に思い描いた自分になれ!自分バージョンアップ!」



というスローガンです。

前半部分を私が言い、後半を全員で唱和しました。

ただし前半が長かったので、ほとんど私の発声練習になってしまいました。



計時係をF森さん

集計係をK村さん

写真係をMさん

にご担当頂きました。



今回は9名のプレゼンテーターを除くと、上記の3名のヘルパーのみなさん以外は司会の私しかおらず、裏方は最低限の役割にとどめました。



1番目のプレゼンテーターは、エリアディレクターS村さんで「プロデュース例会」。

依頼者の求めに応じられる人がプロデューサーとなり、その方を変身させるという事前準備の凄い例会です。

例として、オシャレになりたい方のファッションコーディネートや女装プロデュースなどをあげてくださいました。



2番目のプレゼンテーターは、A藤さんで「カミングアウト例会」

ご自身が横浜フロンティアTMCの合宿での同様の企画の際、秘密にしていたご自身の結婚を報告された時、とても盛り上がったのでぜひやりたいそうです。

ただしその後、クラブメンバー同士の結婚が発表され、ご自身の結婚カミングアウトがぶち壊されたという被害を訴えられました。



3番目のプレゼンテーターは、Y野さんで「墓参り霊界」

お彼岸の時期に各自墓参りをしてから集まり、静かにご先祖様と心を通わせる例会とのことです。

ただ確実に盛り上がらないので、例会のカウントには入れず、「0回」したいそうです。


4番目のプレゼンテーターは、Hさんで「雲の上例会」

自然、高いところ、運動を兼ね備えた山の上でやるHさんらしいアスリート系例会です。

具体的には、大山だとケーブルカーがあり、運動したくない人も合流出来るのでお勧めされていました。



5番目のプレゼンテーターは、神奈川TMCの会長T田さんで「下ネタ例会」

みんな下ネタを嫌がる人が多いが、下ネタが得意のT田さんと部下のお二人は断トツの営業成績で、これは下ネタをマスターしていることが理由とのことです。

こんなに役に立つ下ネタを身近なものとして多くの人にも使って欲しいという願いからの提案でした。
聴衆から、「下ネタを言わなければさらに営業成績は上がっていたのではないか、という指摘がありました。

それでもご自身の下ネタに対する信頼は揺るぎませんでした。



休憩を挟んで、6番目のプレゼンテーターはT野木さんで「お料理例会」
神奈川TMCの17時半からという開始時間は食べ物のスピーチの時など特にお腹がすき、とても不満を持っていたそうです。
チーム分けしてお料理を創る過程も楽しみ、全チームのお料理を全員で試食して代表者が食レポをして競い合います。
最後にベスト食レポ賞、ベストお料理賞を投票で決める例会とのことです。



7番目のプレゼンテーターはT本さんで「応援例会」
一人ではくじけてしまうことも、応援があるためにやり切れたりする。
この誰しもが効果を認める応援のバリエーションを増やすことを目的とする例会です。

応援パフォーマーは何に対する応援か明確にして、ベスト応援賞を決めます。



8番目のプレゼンテーターはF本さんで「ちょっと遠くのクラブと合同例会」
地方では珍しい熊本や青森のクラブと合同例会をしてとてもユニークな神奈川スタイルを広めるとともに、まだ見ぬトースト仲間を増やす目的で行います。

明確な目的のある合宿になるので、より充実出来ることがうりだそうです。



最後のプレゼンテーターはI黒さんで「古民家アゲイン例会」
先日I黒さんが仕切ってくださった古民家合宿はとても評判が良かったが、二日目が雨になってしまいやり残したことがあるので、またやりたいとのことでした。
2週間前の合宿の模様をプロジェクターで紹介されて、参加されなかったメンバーへの来年の合宿への参加の呼びかけという狙いを感じ、「策士♡」と思いました。


本日のベストプレゼンテーターは「お料理例会」を提案されたT野木さんです。

来期のどこかで「お料理例会」が実施されることになるでしょう。  



クラブの根幹をなす例会にご自身のこだわりをお持ちの方がこれだけいらっしゃるのはとても心強いです。

みなさん、ありがとうございました。

例会後、S村エリアディレクターより、パスウェイズシステムの解説がありました。



                         以上

印刷用ページ このニュースを友達に送る

今後の予定