ログイン

メインメニュー

投稿者: kana 投稿日時: 2018-6-24 22:56:42 (0 ヒット)

2018年6月23日(土)

恒例となったプレゼン例会が開催されました。
今回は9名のプレゼンターによる熱き戦いが繰り広げられました。

(詳細準備中)


投稿者: kana 投稿日時: 2018-6-10 15:37:36 (18 ヒット)

2018年6月9日(土)
毎年恒例となった合宿例会が行われました。

今年度は、千葉県某所の古民家にて一泊で開催。
20名の参加者があり、大変充実した例会でした。


古民家合宿一日目は、地元役場ボランティアによる城下町歴史散策。
ランチタイムは各自好きなお店で昼食。
午後からは、いよいよ古民家にチェックインして、テーブルトピックスのみの例会が開催されました。
TMOD(本日の総合司会)は、今回の合宿例会実行委員長でもあるワタクシI黒が務めました。

買出し・料理担当のT田会長に代わり、次期副会長のHさんより開会の挨拶を頂きました。

次にTMODのI黒から皆さんに2つの約束をお願いしました。

その1、合宿中は、批判的な言動や他人が嫌がるネガティブな言動をしないこと。
その2、合宿中は、それぞれが家族のように呼び合うこと(各自呼んで欲しい名前を自己紹介の際に報告)。

そしてヘルパー紹介。
計時係のO崎さん。律儀な性格そのままに役割説明をしてくれました。
集計係は、幼子と一緒に参加してくれたT口さん。ベテランらしく丁寧な説明でした。


さて、本日メインのテーブルトピックス(即興スピーチ)司会は、入会間もないN田さん。
全員にいきわたるようにたくさんのお題を用意してくれました。


例会後半は、Hさんご子息の小学生リーダーによるワークショップ。

内容は、じゃんけん大会!しかし、優秀な小学生が考案したもの。

単なるじゃんけんに終わるはずもなく、大のオトナたちが童心に還って、時間も忘れムキになって戦いに挑みました。


小学生のアイデアおそるべし!やはり頭が柔軟なんですね。

今回は、この未来のリーダーにお任せしたことが最高の判断ポイントだったと自負しています。

風は新しく!ですね。

さて、合宿の最大イベント、夜のバーベキュー大会です。

天気にも恵まれ最高に楽しいひと時でした。

(以降準備中、しばしお待ちを)




 


投稿者: kana 投稿日時: 2018-5-27 10:26:44 (34 ヒット)


2018.5.26神奈川トーストマスターズクラブ293回・川崎トーストマスターズクラブ240回合同例会

3回目となる神奈川と川崎の合同例会が行われました。
ゲスト2名含め多くの参加者となりました。

神奈川TMCのT田会長の挨拶から始まりました。
神奈川・川崎のコミュニケーションを良くするため、ご自身の職場での例を挙げてお話されました。

教育の部に移りまして、本日のトーストマスター(司会)は私、H本が担当しました。
今回の教育セッションとして「楽しく学ぼう!」にいたしました。合同例会ですので、それぞれのクラブの良いところを出し合いながら楽しく学ぶことができたらという思いでこのようにいたしました。

今日の言葉は神奈川TMCのF森さんから「生まれる」という言葉を紹介されました。
ご自身に先週お子さんが生まれたとのことで、この言葉を紹介してくださいました。とてもおめでたいことで、場を明るい雰囲気にさせてくださいました。

計時係を神奈川TMCのHまさん
集計係を神奈川TMCのI井さん
文法係を川崎TMCのSさん
えーとカウンターを神奈川TMCのT山さん
が担当いたしました

準備スピーチは、本日は5本
アイスブレイクの方、CC10の方といらっしゃり、バラエティのある5本のスピーチを聞くことが出来ました。

1番目のスピーカーは、神奈川TMCのS石さんでタイトルは「アイスブレイク」
ご自身の座右の銘「ピンチはチャンス」を紹介された後、名前の由来、仕事の事、趣味の事をお話くださいました。アイスブレイカーとは思えないくらい落ち着いてお話をされていました。

2番目のスピーカーは、川崎TMCのK澤さんでタイトルは「押し売りと私と住宅ローン」
ご自身が訪問販売に会った実例を挙げてその対処方法について教えていただきました。
150万円する布団を勧められ10万円で購入した。節税対策、年金対策にマンションの購入を勧められ年収が少なくても購入出来ると言われたのに、収入を低く伝えると説教をされたという経験を話され、その対処方法を3つ教えていただきました。

3番目のスピーカーは、神奈川TMCのMさんでタイトルは「乙女な生活」
男性であるMさんですがご本人曰く3つの乙女な生活を送っているとのこと。その一つ目は温泉。岩盤浴もされるそうで女性から何とも言えない視線を感じながら楽しんでいるそうです。二つ目はお香とアロマオイル。三つ目はハーブティーを飲むことだそうです。
これはストレスフルな生活からこのような乙女な生活になったので皆さんも試してみてはどうでしょうかと提案されていました。

4番目のスピーカーは、川崎TMCのO田さんでタイトルは「落とし穴」
人生には様々な落とし穴があり、その落とし穴に落ちて3つ良かった事があったというお話でした。一つ目は高校受験に失敗したがアメリカに留学するきっかけとなった事。二つ目は英語が出来なかったが会計学を学ぶことによって成績が良くなったこと。三つ目は就職試験に失敗したが、本当にしたいことが長野にありベンチャー企業に就職したところ、その後東証一部上場企業になったとのこと。落とし穴が未来の自分に繋がっているという内容のお話でした。

5番目のスピーカーは、神奈川TMCのS水さんでタイトルは「女装魂」
女性でも男性ホルモンの量は0%ではない。女性でも男性らしいところもあるし、男性でも女性らしいところもある。世間体では男性、女性と区別をつけたがるが外見では分からない内面がある。ご自身の内面の話をされ自分らしく生きることは幸せな事。世間体を気にせずに認め会う事の大切さを話されていました。

休憩を挟んでテーブルトピックスのコーナー。
こちらは、神奈川TMCと川崎TMC両方の会員でもあるS村さんが司会を務めました。

質問1【私のブランドを教えてください】川崎TMC Sきさん
質問2【某大学の事件がありました。あなただったどのように謝罪をしますか】神奈川TMCのT田さん
質問3【あなたのクラブの一番の特徴を教えてください】川崎TMC S山さん
質問4【空を飛べるとしたら何がしたいですか】ゲストO山さん
質問5【もしあなたが閻魔大王だったら誰にどんな裁きをしたいですか】神奈川TMC C木さん
質問6【あなたが最近驚いた事】神奈川TMC O崎さん
それぞれ即興で自分の考えをまとめられて話されていました。

最後は論評のコーナー、論評のコーナーは神奈川TMCのI黒さんが司会を務めました
神奈川TMCのS石さんに対する論評を川崎TMCのO谷さん、川崎TMCのK澤さんに対する論評を神奈川TMCのA坂さん、神奈川TMCのMりさんに対する論評を川崎TMCのJさん、川崎TMCのO田さんに対する論評を神奈川TMCのA藤さん、神奈川TMCのS水さんに対する論評を川崎TMCのK林さん それぞれスピーチの良い点、改善点をお話されました。
同じクラブの方以外から頂ける論評は、合同例会だからこそできる学びの多いものです。
総合論評はヘルパーに対する部分、テーブルトピックスの部分、論評のコーナーの部分を丁寧に論評されていました。

最後に本日のベスト賞です。
ベストテーブルトピックス賞はゲストのO山さん
ベスト論評賞は神奈川TMCのA藤さん
ベストスピーカー賞は川崎TMCのO田さん
  
今回の合同例会もとても楽しく学びの多い例会となりました。
ありがとうございました。
                         以上

続き... | 残り4987バイト | コメントする

投稿者: kana 投稿日時: 2018-5-16 8:14:18 (35 ヒット)

2108年5月12日(土)18時〜


本日の例会はゲスト1名をお迎えしてF本教育担当副会長の挨拶のもと18時よりスタート!


今回はわたくしY野がその後のバトンを握って司会を務めました。


簡単にご挨拶をして、各役割の説明を促し、そしてTTマスターのF本さんにバトンを託します。

【テーブルトピックの部】

TTマスターのF本さんのお題をコンセプトにしたものでした。

1「あなたの周にいるすごい人について教えてください。」

解答者 N瀬さん
Ans: 同じ職場で働いているTさんについて、とてつもなく仕事ができる上に、睡眠時間が極端に少ないそうです。食事も二日に一度しか食べないそうです。とにかく超人離れした人を紹介してくださいました。


2「あなたのびっくりしたお話を聞かせてください。」 

解答者 H本さん
Ans: 借りた緑色のペンとS水さんの洋服が緑だったことがびっくりした。双子の片割れに結婚することになったことを告げられて驚いた。


3「新しい年号?そしてその時代はどんな時代になるか?」 

解答者 S水

Ans: 女装元年。自分の気持ちの性にとらわれず自由に生きていってもらいたい。そんな時代。変わった自分を肯定してやりたいことが出来る時代。個人個人の革命が起きる時代。


4「S村さんに何があったんでしょうか、教えてください、A藤さん」

解答者 A藤さん

Ans: 好きな人ができたからである。それによって服装が変わる。来年の女装元年で洋服も女っぽく変わる。最終的にはフラれて終わるそうです。


5「遅刻のうまい言い訳を教えてください?」

解答者 N村さん

Ans: 遅刻をしたことがわからないので、よくわからない。電車が遅れたとか、いうべきかな。でもバレる。だからぶっ飛んだものを出すべきかな。家を出たら馬が走っていた。そんな大きな嘘をついて笑いをとるのが良いのでは。



それぞれのお題に当てられた会員の方々が真摯に答えてくださいました。

【準備スピーチの部】

最初のスピーカー  M中さん タイトル 「きれい好きになるためには」


部屋の掃除方法について話してくださいました。

掃除のやる気が出ない時、どうすれば良いか?

掃除をする際に全体を見てしまうため、それで気持ちがげんなりする。

それを避けるためには、一箇所ずつ、そこだけに集中して取り組む。

そうすることでモチベーションが保たれるそうです。

また、掃除をする上で、120パーセントの気持ちで取り組む。

つまり、これ以上ないぐらい片付けるのが大事である。

他人には追随できないぐらい徹底してやる。

そのあと、常に綺麗に保つような意識を持続させること。



二番目のスピーカー I井さん タイトル 「沼男の飼い方」

Iさんの家のベランダには金魚を飼う沼がある。
いつも布団がそこに落ちるため、布団が沼地にしみて濡れてしまう。
それをうまく活用するための方法を話してくださいました。

沼男とは世の中にある面倒ごとのたとえである。
そういった面倒ごとを生かすヒントをくれるようなそんなスピーチ。

三番目のスピーカー S村さん タイトル 「習うより慣れろ。」

タイトル通りのスピーチ。
頭で考えると、失敗を想定するため、逃げグセがついてしまう。
だから座学で考えるよりも、実際に体験して、からだで学んでやる。
つまり、習うことよりも、ならしてゆきなさい、というメッセージ。
懇親会を通して体験した学びを共有してくださいました。




4番目のスピーカー Hさん  スピーチタイトル 「自己紹介」

Hと書いて「Hさ○」と読む。
「Hざ○」と濁さないでくださいと冒頭に、名前の読み方の紹介。
その後は、ご自身の出身地の歴史的な話をしてくださいました。
なぜトーストを始めたかというと、仕事で話す機会があり、またその流れでTEDを知り、人前でスピーチすることにとても魅力を感じたためである。



【論評の部】

○総合論評は約一年ぶりの例会に出席したN村さんに託されます。

全てに対して丁寧な振り返りを行い、会全体をきっちりと取り仕切ってくださいました。

またN村さんの非常にあたたかく、あじわいぶかい総合論評で、大変よかったです。

○結果発表


ベストスピーカー  S村さん

ベスト論評者 J見さん

ベストテーブルトピックスピーカー S水さん


○まとめ

 本日の例会は落ち着いた雰囲気の中で開催されました。
そのため前半に、ちょびっとだけ空気を軽くするためのアイスブレイクを入れて、雰囲気を軽くしました。
今期の例会も残りわずかとなりましたが、会員各意で会を盛り上げて行ければと思います。

 皆様、どうもありがとうございました。

                   以上


   :


投稿者: kana 投稿日時: 2018-4-30 0:34:19 (193 ヒット)

4月28日(土)連休最初の日、第291回通常例会は、T田会長代理のF本さんの開会の挨拶をもって定刻通り始まりました。

今夜のヘルパーたちは
今夜の言葉「実は」を紹介してくれたK村さん。
計時係 A藤さん
集計係 S水さん
文法係 S村さん
えーとカウンター F森さん
写真係 主にF本さんとS水さん、その他相互に撮影

初のテーブルトピックス(即興スピーチ)コーナー司会はM中さんより出題です。
Q1:普段の仕事で気を付けていることは?
A1:J見さん
周囲に自分をイラッとさせる人が二人いて、被害を被っている。昨日もキレそうになった。しかし、プチっと切れないようにすることを今年の目標にしている。

Q2:最近誰かに何かを作ってあげたことは?
A2:S水さん
料理は作らないが、一度だけ料理教室に行ったことがある。そこは婚活形式で、パンケーキを初めて作った。ルックスは最高だったが味はイマイチ。やはり自分は料理に向いていないことを改めて思い知った。

Q3:最近「まさか」と思ったことは?
A3:ゲストO向さん
今日は、何もわからないままここへ来て、指名されたのがまさかの体験。「今夜の言葉」を組入れたり、「えーと」や「あのー」を入れないよう制限がある中でスピーチするのは至難の業。自分にできるかな?と思いながら参加しているがこれがまさかの体験にならないようにしたい。

Q4:最近のヒヤリハットの経験は?
A4:F森さん
仕事上で毎月ヒヤリハット報告をしている。今月はすっかり忘れていたところ、上司にがっつり叱られヒヤリとした。

Q5:最近大げさと思ったことは?
A5:ゲストN島さん
セクハラ問題は、男性側意見女性側意見があるので、騒ぎ立てることは大げさと思わないので、きちんと議論してほしい。他にはオリンピックに大げさにお金をかけ過ぎていると思う。


準備スピーチのコーナー

スピーチ1 :F本さん
CC#2 タイトル「怒っちゃイヤ」
怒りがこみ上げた時のアンガーマネジメントではなく、怒られている時の「怒られマネジメント」について話してくれました。学生時代に選挙カーの運転手としてアルバイトをしていた経験から学んだことは次の3ステップ。1.ひたすら謝る。2.沈黙する。3.逆ギレする。そして、怒られている時は全く別な事を考えていると、痛くも痒くもない!そんな楽しいスピーチでした。

スピーチ2:A坂さん
CC#2 タイトル「私のお仕事」
通関士という仕事を通して、輸入に関わる中で様々なハプニングを経験してきたお話しをしてくれました。最近ではある国の北と南で和解しつつあるが、北の国と我が国は輸出入をしてはいけない決まりとなっている。システムで申告する際のコードを通関士がKRとKPを間違えると大変な事態になるそうです。いずれにしても、国家資格を持っていると仕事にあぶれず失業することはなく安心。だから資格は大事だと力説してくれました。

スピーチ3:H坂さん
ACマニュアル:情報を分かりやすく説明することに主眼を置いたスピーチPJ4(質疑応答あり)
タイトル「準備スピーチをしよう!」
準備スピーチは大変だけどやってよかった!と思うのは、やはり「自己受容」を実感できること。現代社会で最も欠けていて求められているもの。スピーチの醍醐味は自分の価値観に向き合えること。心の解放と浄化を無意識におこなっている。自分自身に高度なカウンセリングを行い、気づきが得られ意識が変わっていく。元神奈川の重鎮メンバーだったベテランH坂さんならではのスピーチでした。
質疑応答
F本さんからの質問:スピーチ作成の際にみんなネタに困ると思います。H坂さんはどうしていますか?
答:とにかくやっちゃってください!ここ(演題)に立つと何か浮かぶはずです。
S水さんの質問:もしH坂さんが女装スピーチをするとしたら?
答:個人的に話合いましょう!
K村さんの質問:原稿はどれくらい作りこんでいますか?
答:原稿は必要。理由は、自分自身の言葉にあっているかどうかデータとして残るので大変重要です。原稿なしでできる人もいるが、原稿のあるなしはその後の成長度に関わってくる。

スピーチ4:O崎さん
CC#5:ボディランゲージ
タイトル「まだまだこれから」
サッカーに対する熱い想いを込めたスピーチ。日本サッカーの歴史を詳細に語ってくれました。世界の強豪と互角に戦えるまでは、まだまだ時間がかかる!このスピーチのタイトルの意味はそこにも込められています。だからJリーグを長い目で見守りたい!まだまだこれからです!と日本サッカーへの情熱を語ってくれました。

****************************************
休憩を挟んで論評の部。司会はT山さんへとコントロールが代わりました。
I井さんはF本さんへの論評。
良いところとして、1.タイトルが良く引き込み方がすごい!2.エピソードの臨場感があった。3.対処法が具体的で実践しやすい。この3つを挙げ、改善点としては、「怒られマネジメント」というゴロの良いフレーズを冒頭からもっと使うべきだと提案しました。

N田さんはA坂さんへの論評。
GWの話から仕事である通関士の説明へと流れがスムーズで良かった。2.演題の周囲を回りながらスピーチしたので、聴衆を飽きさせなかった。3.具体的にイメージしやすい内容だった。改善点は2つ。1つは、時間オーバーでもったいなかった。落ち着いていたので、もっと計時係を見ながら話しができたと思う。2つ目は、序論と本論とオチ(結論)が繋がっていなかったので、あえてオチは要らなかったのではないかと話しました。

HさんはH坂さんへの論評。
聴衆が興味を持つタイトルで場を巻き込んでいた。自分を受容れられる、自分の価値観を再認識できる、内容が伝わることで安心感を得られるのがスピーチだということを分かりやすい言葉・表現で繰り返し説明されていたことが素晴らしい点だったと挙げました。改善点というよりは、聴いていてわからなかった点として、自己カウンセリングが行えるのは、H坂さんレベルのスピーカーになって感じられることではないかと話しました。

J見さんはO崎さんへの論評。
素晴らしいスピーチ1.まるで日本のサッカー界の歴史を見ているかのような情報量満載の内容だった。2.演題の前に堂々と立って張りのある声で熱く語り、サッカーへの想いが伝わった。3.日本のサッカー界は世界に比べるとまだまだということを知らせる企画が素晴らしく説得力があった。O崎さんのスピーチがもっともっと良くあるためには、プロジェクトに沿った、ボディランゲージがあれば良かった。サッカーを表現するには、一度だけ足を蹴上げれば誰でもわかるので、スピーチの冒頭に思い切りやってみると、吹っ切れるのでぜひやってみてほしいと提案されました。

****************************************
ヘルパー報告の後、T山さんによる総合論評へ。

「今夜の言葉」を選んだ理由もはっきりしていて、またとても使いやすい言葉だった。ヘルパー説明や報告は事務的にならず良かった。今夜は初めての役割が多い中、みなさん落ち着ていた。初論評や、ベテランスピーカーに対する論評、ゼスチャーを交えた論評など的を得ていてわかりやすい論評だった。
TMOEのI黒さんが、例会最初にお隣さんと挨拶を交わしたり深呼吸したりして、リラックスした雰囲気でスタートした。連休初日とは思えない人数が集まり、ゲストも多数のにぎやかな例会だったと話されました。T山さんご自身も初総合論評でしたが、大変落ち着き、適格な分析をされていました。

****************************************
受賞者発表の時間!
ベストテーブルトピックス賞 (ゲストの)O向さん
ベスト論評者賞 J見さん
ベストスピーカ賞 (元神奈川メンバーでゲストの)H坂さん

おめでとうございます。

****************************************
後記:久しぶりのTMOEの私。流れを忘れていて戸惑いながらも時間だけは厳守できました。司会も楽しいけど、例会に出るならやっぱりスピーチしたいなぁーと、みんなのスピーチを聴いていて思った次第です。

I黒S美    


投稿者: kana 投稿日時: 2018-4-15 22:46:59 (77 ヒット)

平成30年4月14日(土)17:30〜19:30
かながわ県民センターにて通常例会が行われました。

準備スピーチ

K村さん
ピアノにかける熱い思いが伝わるスピーチでした。

N島さん
海外に行ったらコミュニケーションを取ることが大事なことを教えてくれたスピーチでした。

A藤さん
子供時代のおもちゃにかける思いがこもったスピーチでした。

T遠山さん
近くてまだ遠い亡国へ旅行した貴重な経験をされた興味深いスピーチでした。

本日のベスト賞は!!!

ベストテーブルトピックス賞 Hさん 
ベスト論評者賞 F森さん
ベストスピーカー賞 T山さん 




投稿者: kana 投稿日時: 2018-4-15 22:45:21 (67 ヒット)

日時:2018年3月31日(土)17:30〜19:30
会場:神奈川県民センター

《開会》

ゲスト5名をお迎えして、通常通りT田会長の挨拶で例会がスタート!
今夜のTMOE は、今回が初となります、I井が努めさせていただきました。
《今夜の言葉》
Y野さん『育む』
今夜の言葉の目的も丁寧に説明してくださいました。
《ヘルパー紹介・役割説明​》
計時係:K村さん
集計係:Hさん
文法係:A野さん
えーとカウンター:I上さん(1分前のお願いにも関わらず引き受けてくださいました。)
写真係:S村さん
《テーブルトピックス​》
A藤さん 明日はエープリルフールということもあり、季節を感じるお題でした。
質問1:F森さん「学生時代に好きですが告白できなかった。今戻ったらどうする?」
ストレートに好きでしたと言うとのこと。聴衆からは「ドキドキする〜」との声が上がりました!
質問2:A野さん 「もう一度会ってみたい人」
中学時代の先輩
先輩のおかげで合唱が好きになったと伝えたい!学生時代の思い出と共にお話くださいました。
質問3:F本さん 「家族を騙すならどんなうそ?」
最近ついた嘘から始まり、息子さんについた小さな嘘など、札本さんらしい楽しいお話で会場を沸かせまし
た。
質問4:T田さん 「今までについた嘘で面白かったこと」
ボーナスが現金支給のT田さん。明細ないからバレないと少し抜いて奥さんに渡していたのがバレて
こずかいを減らされてしまったという、T田さんらしいエピソードをお話くださいました。
質問5:Hさん 「花粉症対策を教えて下さい」
花粉症にはマスク、そして・・・納得な花粉症対策を教えてくださいました。
質問6:K村さん 「新入社員に教えたいこと」
上の人は若い人の意見こそ聞きたいと思っている。だから、偉いとか偉くなとかではなく、若い人は若い人
の意見をしっかり伝えると言うことをして欲しい。新入社員に本当に聞かせたいお話でした。
質問7:O山さん 「あなたはどんな人になりたいですか」
しなやかな人間、柔軟な人になりたい。嫌なことも、どんなこともしなしなと人生を生きていきたいという
お話。私もなりたいと思いました。
質問8:S石さん 「ゲストの神奈川トーストの印象は?」
来た時はちょっとアウエーな感じ。続けられるか不安だったが、親身に話しかけてくれたのでこれなら行け
るかも?そう思ったそうです。ゲストさんの最初の不安を払拭できるよう、メンバーの対応の大切さを実感
したお話でした。
質問9:Y野さん 「神奈川トーストの印象」
昨年GWに初めて来たそうです。例会の質が良い!質の高い例会をたのしんでいます、と、お褒めの言葉で
締めくくられました!
A藤さんは用意した質問が無くなっても時間調整のため続けて下さいました。タイムマネジメント大切さを
感じました。
《準備スピーチ​》
一人目* M中さん CC#2 『ダイエットの秘訣』
高校時代はアメフト部だったM中さん。一年はセンパイよりもとにかく食べていたそう。
アメフト部を辞めても食事はそのまま。身体の危機を感じる程太ってしまいダイエットを決意。さらに様々
なダイエットの実体験をお話くださいました。
試行錯誤してたどり着いた、ダイエットの結論は・・・!!
2回目のスピーチにも関わらず、とても落ちついて話されていたのが印象的でした。
二人目* M下さん CC#6 『一年の軌跡』
一年前に入会したM下さん。この一年を振り返り様々な思いを語ってくださいました。
M下さんの演技力が以前にも増して迫力のあるものとなっておりました。
今後のスピーチも期待しております。
三人目* O山さん CC#10 『トーストマスターズ』
以前は、人前で話すのはもってのほか、どうしよう話せない!と思っていたO山さん。
そこで探してたどり着いたのがトーストマスターズだった。トーストマスターズの良さ・暖かさを教えてく
ださいました。
「言葉には力があり、ナイフのようである。」
「言葉によって傷つける。言った人は忘れていても、言われた方は忘れられない」
心に残るスピーチでした。町田でもさらなるご活躍を期待いたします。
《論評の部​》
ここからは、F本さんの司会になります。
M中さんのスピーチに対する論評:F森さん
どう成功させたかお話します、とはっきり冒頭で言っていた事で、これから何の話をするのかが
よくわかった。構成がしっかりしていた。さらに時系列にしっかり関連性がありとても良かっ
た。2ヶ月で20kgなど数字を用いた事でリアルに実感できた。一番重要なメッセージにメリハリ
をつけるともっと良いと思います。
M下さんのスピーチに対する論評:T田さん
CC#6ボーカルバラエティですが、M下さんの場合は全く問題ないです。また、最近さらに上手く
なっている。上を上を目指してやっているのを感じます。
O山さんのスピーチに対する論評:Y野さん
素晴らしいスピーカーであり、テクニックもお持ちです。「もっとも言えない部分を言えるよう
にできるか」ということは自分と向き合って初めてできる。魅力的であるからこそ、心を掴む人
だからこそ、どう伝えるかを考えるともっと良いと思います。
《総合論評​》
F本さん
例会全体について、各論評者とヘルパー一人一人に丁寧な論評をしてくださいました。
F本さんは終始落ちついた穏やかな雰囲気で論評されていて、例会の最後にほっと和むひと時でした。
《表彰式​》
ベストテーブルトピックス賞:K村さん
ベスト論評賞: F森さん
ベストスピーカー賞: M中さん
***** ***** ***** ***** ***** *****
初めてのTMOEでしたが、皆様のおかげで無事に終えることが出来ました。
本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。


投稿者: kana 投稿日時: 2018-4-9 2:09:01 (76 ヒット)

桜もまもなく見頃を迎える本日 3 月 24 日に第 288 回神奈川トーストマスターズの例会が定刻通りに開催されました。
今夜の言葉はT山さんの「 実践 」です。
各ヘルパーも適切に言葉を選びながら、各担当の役割を説明してくださいました。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
それでは今回の準備スピーチのご紹介です。
H本さん CC1 アイスブレイク 「 自己紹介 」
新規事業にかかわる部署へと配属されたH本さんは発表や交渉する場面が増えてきたことをキッカケにトーストの入
会を決意したそうです。相手に効果的に話すためにトーストでたくさん学んでいきたいとクラブ活動への熱意をスピ
ーチしてくださいました。
Mさん CC1 アイスブレイク 「 わたしについて 」
香川出身で大学進学とともに上京したMさん。現在は科学製品関連の営業を担当しているとご自身の趣味などを語り
ながらスピーチしていただきました。今後は楽しく話をするためにクラブに積極的に関わり活動していきたいと、金
色の派手なコスチュームを着てその輝く決意を示してくださいました。
I井さん CC5 ボディーランゲージ 「 1+1≧2 」
学生時代のアルバイトでIさんが困っていたこと。それはカメラでの記念撮影でお客様の笑顔を上手に引き出せない
ことでした。そこでただ漫然とカメラを向けずに「 1+1は?」と言葉をかけるなど相手の緊張を解いて心の距離を
縮めるための工夫をされたそうです。この当時の経験は後々にも様々なコミュニケーションの場に活かせる事が出来
たと言葉の大切さを語っていただきました。
S村さん CC10 聴き手を奮い立たせる 「 コミュニケーションプログラムよ永遠に 」
TMCのマニュアルを着実に進めてくことで、スピーチが磨かれ大きな自信へとつなげたいったS村さん。
マニュアルを最大限に活用しながら努力と改善の日々を積み重ねてきたと、入会から今日に至るまでエピソードを語
っていただきました。
現在ではベテランとしてクラブを支えてるS村さんですが入会当初からの悩みを克服できたのは、地道な努力の他に
も二年後には終了を迎えるマニュアルがあってこそだとその感謝の想いも伝わる熱いスピーチでした。
Sさん PJ5 説得力のあるスピーチ 「 人を動かすリーダーを目指して―恩送りの大切さ 」
恩送りとは「人から受けた恩を別の人に送る」ことで、TMCではメンター制度が適していたと今までの過去を振り
返りながら語ってくださいました。
親身になってお世話をしてくれたメンターへの感謝の想いを返そうと、今度は新人戦に挑戦するメンティーを懸命に
サポートしていくSさんでしたが、結果は優勝はできず責任を感じて落ち込んでしまいます。
しかし今までの感謝の言葉を聴いて感動したSさん。やがてメンティーがメンターとして新たな出発を迎えてSさん
のように恩送りをはじめます。感謝のバトンが次から次へと渡されていきSさんの周囲で恩送りの輪が拡がっていく
のを感じました。とても心があたたまるお話ですね。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ここからは論評をご紹介します。
H本さんのスピーチに対してO山さんの論評
今までの経験を時系列で語りながらトーストでの今後の活動を明確に示していた点が良かった。
ジェスチャーも加えて心を解放している姿も非常に良い。改善点は緊張を解くには場数を踏むことが大切なので、も
っとスピーチの回数を重ねて楽しんで欲しい。
Mさんのスピーチに対してF本さんの論評
スピーチ目標に沿ったフレッシュな内容でイメージしやすい言葉選びが良かった。金色の衣装が視覚的にも聴衆の注
目を集めていた。改善点は金色の衣装は元々は自分の私物で次々にクラブのメンバーに引き継がれていったことが嬉
しい。Mさんにも次の新しいメンバーへと衣装を恩送りのように繋いで欲しい。
I井さんのスピーチに対してM下さんの論評
リアリティのあるボディランゲージとアイコンタクトをとりいれながら会場との一体感を上手く作れていた。
改善点は縦の動きが多かったので、横の動きを意識すること。ボディーランゲージにメリハリをつける。
S村さんのスピーチに対してA坂さんの論評
成長をメッセージとして語ることで学ぶことへの意義を感じた。実社会で役立つ情報が具体的であった。
改善点は左側ばかり見る癖があるので全体を見渡すことを心がけること。具体的に語ることも大切であるが一点に絞
ることは情報が整理されて理解しやすい利点もある。
Sさんのスピーチに対してK口さんの論評
スピーチ冒頭のメリハリのある声のギアチェンジに惹きつけられた。メンター制度という聴衆の関心のある例題の取
り上げ方やストーリー仕立ての語りも良い。改善点は失敗談も語るとその対比によって今回の美談が強調されて更に
スピーチが良くなる。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
それでは最後に。
例会最後は時間が迫りあわただしくなりましたが、皆様のお陰で無事に終えることができました。
皆様のご協力に感謝します。


投稿者: kana 投稿日時: 2018-3-14 16:55:28 (121 ヒット)


日時:2018年3月10日(土)17:30〜19:30
会場:かながわ労働プラザ(石川町)

【開会】
本日はゲスト2名をお迎えし、いつも通りT田会長の挨拶で例会がスタートしました。
今夜のトーストマスターは初役となる私、F森が務めさせて頂きました。

【入会式】
この日、遂にA坂さんが神奈川TMCに入会されました。
A坂さんはなんと女装姿で現れ、会場を盛り上げていました。
最近、神奈川TMCの定番となりつつある胴上げで入会を祝いました。

【今夜の言葉】
I井さん 
今夜の言葉は「いよいよ」。
「いよいよ春が来る」というのはもちろん、その他に3つの使い方があることを教えてくれました。

【ヘルパー紹介・役割説明】
計時係:M中さん(初)
集計係:K村さん(初)
文法係:M下さん
えーとカウンター:F本さん
写真係:T田さん

【テーブルトピックス】
I藤さん 身近で起こった「びっくり」に絡めたお題を出してくれました。
Hさん :「漢字がどうしても思い出せないときの対処法を教えて下さい。」 
1.ひらがなで書く、2.だいたいの形を書く、3.書かない(スルーする)、という3つの方法を解説してくれました。
T田さん :「お酒でびっくりした経験を教えてください。」
ダイエット中にも関わらず、飲み会の帰りに毎回ラーメンを食べていたことに気づいたエピソードを披露してくれました。
Y崎さん(新橋TMC) :「病院でびっくりした経験を教えてください。」
先週の超音波検査で女性の検査技士の方から「腸にガスが溜まって見えません」と言われて、恥ずかしかった経験を話してくれました。
O山さん :「海外旅行でびっくりした経験を教えてください。」
セブ島でスラム街に迷い込んでしまった際、意外にも親切に道を教えてくれるスラムの方々にカルチャーショックを受けたという話でした。
F本さん:「サプライズをした経験を教えてください。」
新婚時代に奥さんと口に牛乳を含ませてにらめっこをしたときの過激なエピソードで会場を沸かしていました。

【準備スピーチ】
■1人目 N田さん「ひとカラ」CC#2 スピーチの構成
例会後の懇親会で終電を逃し、たまたま一人でカラオケ屋に入ったことをきっかけに一人カラオケにハマってしまったN田さん。
一人カラオケの面白さについて、3つのポイント「一人でも入りやすい、周りを気にしなくていい、存分に歌える」をエピソードを交えて紹介してくれました。
二回目のスピーチにも関わらず、落ち着いて話されていまいした。
■2人目 T本さん「横浜の都心 みなとみらい21の歴史」CC#8 ビジュアルエイド 
意外と知らないみなとみらい21の歴史をプロジェクターで写真を交えながら熱く説明されていました。
開国前(江戸時代)はまだ海だったというみなとみらい21ですが、その後の発展の跡が今も至る所に残っていることを教えてくれました。
■3人目 A坂さん「学ぶことの大切さ」CC#10 聞き手を奮い立たせる 
再び女装姿で登場したA坂さん。
運輸関係の会社に就職し、英会話や航空輸送について自発的に学ばれ、更に転職後には通関の国家資格に合格された話を聞かせてくれました。
そして、学ぶことで新しい世界が広がっていくことを、子供の成長に例えて分かりやすく締めくくられました。
今日も心地の良い、流れるような話術で、話に引き込まれてしまいました。
■4人目 O山さん「(タイトル未定)」 エリアコンテストに向けた練習スピーチ 
苦労した経験を題材にした迫力のあるスピーチを披露してくれました。本番も頑張ってください!
練習スピーチのあとは皆でスピーチに対する意見を出し合いました。

【論評の部】
論評の部からはA野さんの司会のもと進行していきました。
1.Hさんの論評(N田さんのスピーチ)
良かった点:一人でも入りやすい。周りを気にしなくていい。存分に歌える。という伝わりやすい3つの例を出してスピーチを構成していた。プロジェクトに沿ったスピーチ作り(具体例から結論の流れ)が出来ていた。 
改善点:具体例では台詞・会話を使って聴衆を引き込む。固有名詞や数字を使って具体性を出す。
2.A藤さんの論評(T本さんのスピーチ)
 良かった点:しっかりした情報とパワーポイントの作り方でメッセージを上手く伝えていた。
改善点:後半が早口になっていた。テーマを選んだ目的を構成に入れる。事前のPC動作確認(コネクタが合わなかった)。
3.I黒さんの論評(A坂さんのスピーチ)
良かった点:エピソード・メッセージがCC#10(聞き手を鼓舞する)にふさわしい内容だった。一人称の使い分けで知的なイメージを受けた。
改善点:CC#10なのでもっと感情・熱意を出してもいい。(自分だったらこうするという改善をわかりやすく実演してくれました。)

【総合論評】
A野さん
今夜の例会全体について、各論評者とヘルパー一人一人に丁寧で前向きな論評をしてくれました。
この日は10分ほど時間が押していましたが、終了時刻が過ぎたら困る方がいないかを途中で確認されていて、細かな気配りの大切さを教えてくれました。

【表彰式】
O山さん ベストテーブルトピックス賞
I黒さん ベスト論評賞
A坂さん ベストスピーカー賞


初めてのTMOEでしたが、みなさんの協力のおかげでなんとか無事に終えることができました。ありがとうございました!
この5日後にたまたま仕事で司会をするような場面があったのですが、上手く進めることができた気がします。
トーストマスターズクラブを続けてきた効果が出てきたのかもしれません!? 

以上、3月10日の例会報告でした。 


投稿者: kana 投稿日時: 2018-3-4 21:45:25 (103 ヒット)

2018年2月24日(土) 17:30 〜 19:30
かながわ県民センター 705会議室

今回のレポートは、TMOEを務めさせていただきましたHより報告いたします。

■開会
お休みの会長に代わりF本さんの挨拶で例会がスタートしました。
空席無しの満員御礼で会場は賑わっております。
※いつもより狭い部屋で24名部屋です。ゲスト2名を加え17名での開催です。

「例会より枕投げが大事」そんな会長へのぼやきが聞こえました。

■今夜の言葉
今夜の言葉は、T山さん

私は、1年前にTMOEをやったときの議事録を元に、この議事録を書いてますが
その時の今夜の言葉は、入会したてで初役目のT山さん。

そんな偶然に衝撃を受けてますが、今夜の言葉は「衝撃」です。

子供の頃から親しんでいる週刊誌「週刊少年ジャンプ」の展覧会を楽しんで来たT山さん。
この展覧会のサブタイトル「発行部数653万部の衝撃」から引用したとのことです。

ちなみに、653万部を積み上げた高さは、富士山52個分だそうです。
196kmになります。

■ヘルパー紹介
計時係:N田さん
集計係:I井さん
えーとカウンタ:K村さん
文法係:S水さん
写真係:O崎さん

皆さん、的確な役割説明をしてくださりました。

■テーブルトピックス
テーブルトピックスの司会はF森さんです。
開催中の平昌オリンピックにちなんだ話題で楽しませてくださいました。

1.今までで一番頑張った事は?⇒F本さん
2.あなたの防寒対策は?⇒I井さん
3.感動するスピーチのコツは?⇒M村さん(横浜日吉TMC)
4.海外の方に紹介したい日本の良いところは?⇒S水さん
5.春になったらやりたいことは?⇒M下さん

ベストテーブルトピックス賞は、
「感動するスピーチのコツは、オーディエンスとスピーカーが一体となり、同じ思いを共感すること」とまとめたM村さんが受賞しました。

■準備スピーチ
1.M中さん スピーチタイトル:「私の趣味について」CC1 アイスブレイカー
緊張しているというM中さん。新聞紙の帽子をかぶって緊張を和らげます。
趣味の映画について語ってくださいました。
「風の谷のナウシカ」に感動したM中さんは、それからジブリ映画にのめり込んで行きます。映画に関する雑学も披露してくださり、ナウシカ愛の感じるスピーチでした。

2.S村さん スピーチタイトル:「役員に挑戦しよう」PJ5 説得力のあるスピーチ
役員選挙も近々あり、非常に時期にマッチしたタイトルだと思いました。
役員未経験だったS村さんは、いきなり会長に抜擢されました。
会長は何をやれば良いのかわからないS村さん。会長とは何かを問いかけたら「会場をやればわかる」と言われ、いきなり複数の役割を持つことになりました。
そうして役員を歴任して、学べたことを熱く語ってくださいました。

3.I藤さん スピーチタイトル:「一つの世界」CC5 ボディランゲージ
一つの世界として、コーヒーの世界を紹介くださいました。
コーヒーが大好きなI藤さん、コーヒーを煎れて飲む事を提案くださいました。
コーヒーを豆から挽いて、ドリップして煎れることの楽しみ方を魅力的な表現で聴衆に伝えてました。

ベストスピーカー賞は、M中さんが受賞しました。

■論評
「論評」のコーナーの司会は、C野さんです。

M中さんの論評をM下さん
S村さんの論評をM村さん(横浜日吉)
I藤さんの論評をS野さん

がそれぞれ担当してくださいました。

皆さん、スピーカーを勇気づけるすばらしい論評でした。

そして、ヘルパー報告では、今日の言葉がほとんど使われない「衝撃」の結果に反省の弁をT山さんが述べておりました。

C野さんより各論評者・ヘルパーへの的確な論評をいただき、また、例会全体の雰囲気に関して、神奈川TMCへ愛のあるお言葉をいただき、非常に和やかな雰囲気で締めていただきました。

ベスト論評賞は、M村さんが受賞しました。

以上、例会報告でした


(1) 2 3 4 ... 31 »

今後の予定