ログイン

メインメニュー

投稿者: kana 投稿日時: 2018-9-20 0:52:41 (5 ヒット)

日時 2018年9月8日 17時30分〜19時30分 神奈川県民センター711号室

F本会長より、前回8月25日に行われた300回記念例会に100人もの来場者がいたという嬉しい報告と共に開会となりました。


今夜のトーストマスターはI永が務めさせていただきました。
今夜の言葉は急遽役割を引き受けて下さった2か月ぶりの登場、Y野さんです。
「あっぱれ・あはれ」という言葉を選ばれ、面白いなと思ったら「あっぱれ」、そうでもなかったら「あはれ」を、その2つを場に応じて使ったくださいと、秋を感じながらもY野さんらしくユニークで例会を盛り上がりそうな言葉を挙げてくださいました。

続いてヘルパー紹介。計時係Hさん、集計係T本さん、文法係M中さん(初)、えーとカウンターN田さん、写真係は急遽引き受けて下さったI井さん、皆さん、それぞれの個性を入れながらの丁寧な言葉でわかりやすい説明でした。

次はテーブルトピックスのコーナーです。司会は前会長のTさん。お題はTさんらしく1つ。「あなたの自慢話を教えてください」
スピーチが3本だったことや欠席者が多めだったこともあり、出席者ほぼ全員の自慢話を聴くことができました。
F本さん オンライン英会話をやっていて、世界中の女性と会話ができ、しかもその女性たちにモテモテ?だというお話をされました。
I黒さん お金持ちの男性にモテモテで高級車に乗った話から、神奈川メンバーだったH高さんと会った際に自慢のために新車のBMWで現れたというお話をされました。
S石さん 麻雀をサークルで8年間やっており、一番難易度の高い手を使った時のエビソード等をお話されました。
I井さん 南青山の照明器具のショールームに行き、20年前は店員が寄ってこなかったけれども、大人になった今はベテランの店員が対応してくれたというお話をされました。
N田さん 初めてみなとみらいの観覧車に乗り、デートスポットにおすすめだとのこと。でも誰と乗ったのかはご想像にお任せしますというお話をされました。
S村さん 昔は自慢話をよくしていたけれども、今は言うと恥ずかしくなってしまうのであまり言わない、自慢話がないのが自慢だというお話をされました。
A藤さん 先日神奈川メンバーや元神奈川メンバーと一緒に大井競馬場に行き、7レース中4レース勝てた、でもマイナスになったというお話をされました。
J見さん 奥様は不可能を可能にする人で、NHKアシスタント試験で応募条件を満たしていない中、支社長に直談判してアシスタントになった、そのような奥様と結婚したことが自慢だというお話をされました。
T本さん 学生時代、他のメンバーが途中で退部する中、6年間陸上部をやり続け、部長にもなり、最後までやり通したというお話をされました。
Y野さん 仕事でもう1人の女性とワークショップをやることになっていたが、女性の急な体調不良により、1人で全部やることになったが、トーストマスターをやったおかげで何とかプログラムをこなせたというお話をされました。

続いて、準備スピーチのコーナー。スピーカーは3名。

1人目のスピーカーはF本さん:PW#1 タイトル「不潔の力」
ジャイアンのような先輩Aさんと同僚のNちゃんと一緒に仕事の打ち上げで寿司屋に行ったが、そのお店が不潔だったとのこと。Aさんは日ごろから不潔。その日も全く気にせずに生ものを食べており、Aさんに言われて仕方なくF本さんとNちゃんも生ものを食べざるを得なくなったそう。その日の夜、F本さんとNちゃんは食中毒で痛みや過呼吸で大変なことに。でもAさんはなんとノーダメージ。時には不潔の力も必要だと訴えました。

2人目のスピーカーはS村さん:PW#3 タイトル「TMCカフェ部イベント報告」
カフェ料理をやりたいという声が上がり、料理会を実施した際の会場の確保から当日、イベント修了後の振り返りについてお話をされました。値段のことも考えて公共施設を4か月前に抑えたが、調理器具の制約というデメリットもあるとのこと。当日の工夫点は現地で安いスーパーを探し、情報共有しながら重複なく材料を揃えることができたそう。課題はごみの問題。集まった人数に対してできた料理の量が多く、何人が作るか考える必要があるとのこと。

3人目のスピーカーはS石さん:CC#3 タイトル「日本語を大事にしよう」
スピーチを始めてから話し方等を色々と学んでいて、日本語の間違った使い方が色々あり、仝世ご岼磴き∪気靴い箸盍岼磴い箸發い┐覆きG僂譴晋斥佞梁腓くは3つに分けられるとのこと。それぞれ事例を挙げて説明をして下さいました。時代は人が決めている、「指パッチン」等の廃れた言葉も使い続ければ広まっていく、あなたが言葉の未来をつくるんですと熱く訴えました。

休憩後、論評の部に移ります。
論評の部の司会はF森さん(初)。

F本さんへの論評はI黒さん。F本さんの話を受けて、I黒さんは他の人があたっても、生ガキに当たらないし、風邪薬も極力飲まない、鈍感であることの大事さを訴える等、個性あふれる論評をされていました。
S村さんへの論評はA藤さん。A藤さんらしい、冷静な分析を含めたコメント。もっとこうしたら良いと具体例を挙げて、表を作ると良いとホワイトボードを使って説明されていました。
S石さんへの論評はJ見さん。今夜の言葉もバッチリ使ったあっぱれな点3つと改善点をお話されました。なぜ日本語に興味を持つのかもう少し知りたかった、なぜそう思ったかも含めて丁寧に論評されていました。

総合論評はF森さん。初めてとはとても思えない落ち着いた総合論評。テーブルトピックスマスターのT田さんのお題が1つだけというのは、いかにもT田さんらしいとコメントし、メンバーの笑いを誘っていました。抜け漏れなくきちんとまとまっていて、メンターのI永は感心するばかりでした。

そしていよいよ受賞者の発表です。
ベストテーブルトピックス賞はJ見さん、ベスト論評賞もJ見さん、ダブル受賞です。
そして、ベストスピーカー賞はF本さんでした。
おめでとうございます。

今回、資格試験が終わって本当に久々のTMOEでしたが、真の300回例会、皆様のおかげで滞りなく無事に務めることができました。ありがとうございました。


投稿者: kana 投稿日時: 2018-8-19 0:46:39 (84 ヒット)

2018年8月11日
前回の例会は台風で中止となったため4週間ぶりの例会となりました。久しぶりにいつものメンバーと会える喜び、久しぶりの例会を楽しみたいという熱意が伝わってくるような雰囲気の中、見学者2名を含めたゲスト5名をお迎えして、定刻通り第298回例会がスタート!

冒頭は7月から神奈川クラブの会長となったF本さんによる挨拶とゲスト紹介。落ち着きのある話し方とちょっとしたユーモアを交えながらゲストさんの紹介をされることで、会場内にリラックスした雰囲気と一体感が生まれます。初めていらっしゃった方は緊張される方がとても多いのですが、例会の最初に話をする機会があるので、話をすることで安心される方も多いです。

例会は各ヘルパーさんの協力によって進められており、ヘルパーなくして例会は成り立ちません。その重要なヘルパー紹介と役割の説明があり、見学者の方もこれからどのようなことをするのか最初にわかるようになっております。また、例会の記録として写真も撮りますが、顔出しはNGとして気軽に断ることもできます。

そのヘルパー紹介の1つの役割として今夜の言葉というものがあります。これは発表された今夜の言葉を例会内での発言において、積極的に使っていきましょうというものです。
今夜の言葉はA藤さんによる「半端ない」。
サッカーW杯があったこともあり、非常にタイムリーで使いやすい言葉だったのではないかと思います。例会の最初のほうではみなさん積極的に使っていたのですが、最後のほうではみなさん忘れてしまい、少なくなっていたことをA藤さんの好きなマラソンに例えて失速していたとおっしゃっていたのは、らしさが出ていて面白い表現の仕方だったと思います。

ヘルパー紹介のあとはテーブルトピックス(即興スピーチ)のコーナー。テーブルトピックスマスターによる質問があり、指名された方はその内容に沿ったスピーチをその場で行います。
今回のテーブルトピックスマスターはA坂さん。夏の時期ということもあり、暑さ対策や山の思い出、行ってみたい所、クラブ内にランナーの方が多いこともあり駅伝といったバラエティに富んだ内容。回答する皆さんも、自身の経験してきたことや普段工夫していることなど、楽しいながらも日常生活に役立つ内容をわかりやすく話されていました。自分が経験していないことを聞くことができるので、新たな発見であったり、間接的な体験をすることができます。

そして例会は、準備スピーチの部へ。
最初のスピーカーはT山さん。タイトルは『絶叫からの新発見』。
絶叫マシンに乗っているアクションを「ズガガガガ」や「ゴゴゴゴー」など擬音語を交えて、まるでその場で乗っているかのように体全体を使って表現されていたので印象的でした。また、各絶叫マシンの違いなどもうまく表現されていて、細かいところにまでこだわりを感じました。まさに、絶叫マシンのような勢いのあるスピーチで会場内は大爆笑でした。(笑)

続いてのスピーカーはT本さん。タイトルは『ベストなリラックス法』。
聴衆に目を閉じて行ってみたい所をイメージさせるように促すことで、聴衆を巻き込みつつ、リラックス方法を体験させるという巧みなスピーチでした。江戸川の花火大会などのシーンでも間を上手く使い、聴衆に情景をイメージさせる時間を与えるといった、細部までよく考えられているのが凄かったです。こんな間の使い方もあるのか!と、とても勉強になりました。

本日最後のスピーカーはSさん。タイトルは『楽しく学ぼうー酸化還元反応』。
終始プロジェクターを使っての酸化還元反応についての説明でしたので、会場内の雰囲気が一気に変わります。例会にいることも忘れて、この時間だけはS先生による特別授業のようでした。内容は化学式などが出てくる難しめの内容でしたが、冒頭に錆びた金属のアクセサリーを写真で見せて、酸化還元反応を行うことでこのように綺麗にすることができます。とビフォー・アフター形式で見せることで、私たちの日常にも役立つことなんですよと印象づけ、聴衆の関心を引き付けます。化学式の計算の仕方も上手に説明されていて、要所要所でみなさんついてきてますか?と聞いてくれたのが、人柄の良さがスピーチに表れているようでした。

後半は、準備スピーチに対する論評の部からスタート。
論評者がそれぞれの切り口で、スピーカーに対し論評やアドバイスをすることで、スピーチに対するフィードバックを行います。

T山さんに対する論評はF本さん。スピーチの良かった点をT山さんの好きなプロレスに例えるという斬新な論評!T山さんにはちゃんと伝わったんでしょうか?自分には半分ぐらいしかわかりませんでしたが、楽しいということとすごいということだけは伝わりました。(笑)しかも事前に準備したものではなく、咄嗟にプロレスに例えられるのはさすがでした。

T本さんに対する論評はHさん。江戸川の花火大会のシーン、月島のもんじゃのシーン、と場面毎に、理路整然とT本さんの良かった点を穏やかに話されていて、Hさんの論理力、構成力の高さが論評にも表れていてわかりやすかったです。

Sさんに対する論評はN島さん。
酸化還元反応という難しい内容を理解しながら論評も考えなくてはいけないという離れ業を見事にこなされていたのにはびっくりしました!スピーチの構成であったり、スピーチの流れの中でよかった点を的確におっしゃっていたのが印象的でした。こういった難しい内容のスピーチであっても、そつなくこなす対応力の高さには驚嘆しました。

論評の次は例会を通じての良かった点やアドバイスなどを行う総合論評。
本日の総合論評者はS水さん。この方、男性にも関わらずAKBの衣装を着ていて、最近は見慣れたつもりだったのですが、今日は予想以上にスカートが短すぎて気になって話の内容が頭に入りませんでした。(笑)全体的に丁寧に1人ずつ良かった点、気になった点を的確に述べられていたのは経験豊富な人にしかできない凄さを感じました。自分自身、有益なアドバイスをいただけたので、とても勉強になりました。

最後はお待ちかね最優秀賞の発表です。ベストテーブルトピックス賞はA藤さん、ベスト論評賞はHさん、そしてベストスピーカー賞はT山さんが受賞されました。おめでとうございます!

今回はじめてのTMOEをやってみて、たくさんの方の支えがあってこそ役割をこなせるんだなと実感できたのが良かったです。1つの例会を行う大変さだったり、それに協力してくれるたくさんの人たちの力があって運営が成り立っている、例会の重みというのを感じました。

その例会ももうすぐ300回。それに携わってきたたくさんの人たちの思いや、伝統を考えると、やっぱりすごいクラブなんだなと改めて思いました。ここまで例会記録を読んでいただき、ありがとうございます。神奈川トーストマスターズクラブは、見学者の方が気軽に来られて、楽しんでいただけるように歓迎する雰囲気、風土があります。ご興味持たれた方は、見学無料ですので、是非お気軽に遊びにいらして下さい!


投稿者: kana 投稿日時: 2018-7-28 0:30:27 (53 ヒット)

2018年7月14日

暑い日が続きますが、神奈川トーストマスターズクラブは本日も元気に例会を開催。見学者1名を含めたゲスト3名をお迎えして、定刻通り第297回例会がスタート!

トーストマスターズクラブはクラブ毎に役員がおります。役員は1年ごとに交代し、期間は7月〜翌年6月まで。という事で今回の例会は新会長のF本さんの挨拶から始まりました。会員一人一人が成長出来る日本一のクラブを目指し「自分バージョンアップ!」という今期のスローガンが発表され、会場が湧きます。

ヘルパー紹介のあとはテーブルトピックス(即興スピーチ)のコーナー。テーブルトピックスマスターはI永さん。キャリアコンサルタントの資格を取得されたI永さんが、ご自身の経験より様々な角度から質問。回答する皆さんも、笑いを交えながら的確に答えます。そして例会は、準備スピーチの部へ。

最初のスピーカーはS村さん。タイトルは『8年目のTMC』。
話すことが苦手でトーストマスターズに入会し、様々な役員も経験され自分自身が成長出来た事。そしてこれからは、縁の下の力持ちとなり、後進の育成に力を入れていきたいという、ベテランならではの心のこもったスピーチを披露されました。

続いてのスピーカーは、2回目のスピーチとなるS石さん。
スピーチタイトルは『ボイトレのすすめ』。
スピーチでも声の印象は重要。そこでボイトレを推奨するS石さん。さらにボイトレは普段の生活でも様々なメリットがある事を、分かりやすい例を交えながら紹介。最後はメロディーに言葉を乗せる事は、とても効率的な記憶術である事を実証されました。聴衆も引き込まれるスピーチでした。

3番目のスピーカーはF森さん。タイトルは『インドのルール』。
F森さんのインド旅行体験。トラブル続きのインドでの出来事を、ユーモア溢れる楽しい描写でスピーチ。様々な体験を経て感じた事、新たな視点を獲得し物事をとらえる大切さを話されました。ポジティブな気持ちにさせてくれる素晴らしいスピーチでした。

後半は、準備スピーチに対する論評の部からスタート。
論評者がそれぞれの切り口で、スピーカーに対し論評やアドバイスをします。各ヘルパーの報告後は、総合論評のA坂さんより例会全体の流れからヘルパー、テーブルトピックス、論評者への論評をしていただきました。

最後はお待ちかね最優秀賞の発表です。ベストテーブルトピックスはI黒さん、ベスト論評はF本さん、そしてベストスピーチはS石さんが初受賞されました。おめでとうございます!

神奈川トーストマスターズクラブは、今期の新たな体制がスタートしました。ご興味持たれた方は、見学無料ですので、是非お気軽に遊びにいらして下さい!


投稿者: kana 投稿日時: 2018-7-1 16:13:00 (92 ヒット)

■日時 2018年6月30日 17時30分〜20時  神奈川県民センター711号室

今期最後、T田会長による開会です。

ワールドカップを話題に盛り上げ、楽しい開会となりました。



今夜のトーストマスターはN島が務めさせて頂きました。

今夜の言葉はA坂さんです。

「夏本番」という言葉を選ばれ、夏の楽しい気持ちを想像させてくださいました。



計時係H本さん、集計係のA籐野さん、文法係のK村さん、突如役割を引き受けてくれたえーとカウンターのH田さん、皆さんそれぞれご自分の言葉でわかりやすいご説明をされました。



次はテーブルトピックス(即興スピーチ)のコーナーです。
Hさんが司会を務め、時事ニュースにちなんだお題を出題されました。
,△覆燭陵澆靴ぬ瑤呂匹里茲Δ文果がありますか?:I井さん:飲むと小じわがなくなっている薬が欲しいというお話をされました
△△覆燭受けた経済制裁は?(理由と制裁内容):H田さん:観光に関税をかけるという大変真面目なお話をされました。

あなたが移り住みたい国はどこですか?:A坂さん:今まで2度行ったことあり、もう帰ってきたくないと思った国オーストラリアに住みたいというお話をされました。

い△覆燭隆違いのエピソードを教えてください:O崎さん:高校二年生の数学の試験で自分の答えが合っていたのに間違っていると思ってしまったことだそうです。
イ△覆燭最近調べた用語を教えてください:K村さん:ワールドカップで話題になったフェアプエイという言葉を調べたお話をされました。

Δ△覆燭応援したいクラウドファンディングは何ですか?:A籐さん:日本のために子育て支援のクラウドファンディングを応援したいというお話をされました。



今夜の準備スピーチは4名のスピーカーです。


一人目のスピーカーはM中さん:CC#4:タイトル「東京湾の浮遊物質」

浮遊物質の定義から始まり、プラスチックや木材が浮遊物質になっていく経緯を説明され、その浮遊物質は魚のえらにつき、窒息死させてしまうそうです。

さらには浮遊物質は海中の水を濁らせ水中に太陽が届かなくなり、水中植物の光合成ができなくなる。そうなることで海中の酸素がすくなくなり環境が悪くなる。

マナーを守ることは環境を守ること、ゴミをなくしましょうと訴えました。



二人目のスピーカーはF本さん:PW#1:タイトル「徳田仁」

自己紹介のプロジェクトですが会長の紹介をするというスピーチでした。

様々なエピソードを交えて紹介したことにより、会長の人柄がすべての人に伝わりました。

改善点を語るところでも会長への愛情たっぷりのスピーチでした。


三人目のスピーカーはT田さん:PW#1:タイトル「札本統二」

二人目と同じ出だしで始まったこのスピーチ。

F本さんと仲良くなったきっかけから始まり、自信という名の思い込みを育てるきっかけの講師を口説く英会話のエピソード、そこからスピーチコンテスをやり遂げたこと、面倒見の良さなどを挙げF本さんを紹介しました。

今期会長から次期会長へバトンを渡す素晴らしいスピーチでした。



四人目のスピーカーはI黒さん:Public Relations:タイトル「レディファースト」

レディファーストの正しい認識から始まり、レディとは何か、レディファーストの歴史まで話を掘り下げ役に立つ情報を聴衆に提供しました。I黒さんの考えるレディを定義し、レディになるための努力をしましょうというメッセージのスピーチでした。知らないことばかりで大変勉強になるスピーチでした。



休憩後、論評の部に移ります。
論評の部の司会はS村さんです。

M中さんへの論評はI井さんが、丁寧な論評をされました。

F本さんへはF森さんが難しいながらもしっかりとした論評をされました。

T田さんへはT山さんが、F本さんと、T田さんの仲の良さを称えるとても楽しい論評をされました。

I黒さんへはS水さんが、スピーチ目標に沿ったS水さんらしい論評をされました。


総合論評はS村さんが、各役割からスピーチに至るまで細かく楽しく論評をされ、とにかく会場には笑いが溢れっぱなしでした。笑いだけでなく、温かみも交えたこの空気の作り方はさすがベテランのS村さんです。

受賞者はベストテーブルトピックス賞はA坂さん、ベスト論評賞はT山さん、ベストスピーカー賞はI黒さん

でした。おめでとうございます!



例会後にはH田さん役員交代式が滞りなく執り行われました。

H田さん、今期の役員の皆様、ありがとうございました。

※トーストマスターズクラブでは、7月〜6月が一期となります。


投稿者: kana 投稿日時: 2018-6-24 22:56:42 (87 ヒット)

2018.6.23神奈川トーストマスターズクラブ295回例会記録





今回で2回目となる、神奈川TMCでの新たな例会の形を提案する、プレゼン例会が行われました。

ゲストは町田バイリンガルのO山さん1名のみという超ホームな例会となり、プレゼンテーターのみなさんはやりやすかったと思います。



神奈川TMCのT田会長の挨拶から始まり、本日の司会は私、S水です。

まずは発声練習を兼ねたクラブスローガンの唱和を全員でしました。


「出会いと経験を糧に思い描いた自分になれ!自分バージョンアップ!」



というスローガンです。

前半部分を私が言い、後半を全員で唱和しました。

ただし前半が長かったので、ほとんど私の発声練習になってしまいました。



計時係をF森さん

集計係をK村さん

写真係をMさん

にご担当頂きました。



今回は9名のプレゼンテーターを除くと、上記の3名のヘルパーのみなさん以外は司会の私しかおらず、裏方は最低限の役割にとどめました。



1番目のプレゼンテーターは、エリアディレクターS村さんで「プロデュース例会」。

依頼者の求めに応じられる人がプロデューサーとなり、その方を変身させるという事前準備の凄い例会です。

例として、オシャレになりたい方のファッションコーディネートや女装プロデュースなどをあげてくださいました。



2番目のプレゼンテーターは、A藤さんで「カミングアウト例会」

ご自身が横浜フロンティアTMCの合宿での同様の企画の際、秘密にしていたご自身の結婚を報告された時、とても盛り上がったのでぜひやりたいそうです。

ただしその後、クラブメンバー同士の結婚が発表され、ご自身の結婚カミングアウトがぶち壊されたという被害を訴えられました。



3番目のプレゼンテーターは、Y野さんで「墓参り霊界」

お彼岸の時期に各自墓参りをしてから集まり、静かにご先祖様と心を通わせる例会とのことです。

ただ確実に盛り上がらないので、例会のカウントには入れず、「0回」したいそうです。


4番目のプレゼンテーターは、Hさんで「雲の上例会」

自然、高いところ、運動を兼ね備えた山の上でやるHさんらしいアスリート系例会です。

具体的には、大山だとケーブルカーがあり、運動したくない人も合流出来るのでお勧めされていました。



5番目のプレゼンテーターは、神奈川TMCの会長T田さんで「下ネタ例会」

みんな下ネタを嫌がる人が多いが、下ネタが得意のT田さんと部下のお二人は断トツの営業成績で、これは下ネタをマスターしていることが理由とのことです。

こんなに役に立つ下ネタを身近なものとして多くの人にも使って欲しいという願いからの提案でした。
聴衆から、「下ネタを言わなければさらに営業成績は上がっていたのではないか、という指摘がありました。

それでもご自身の下ネタに対する信頼は揺るぎませんでした。



休憩を挟んで、6番目のプレゼンテーターはT野木さんで「お料理例会」
神奈川TMCの17時半からという開始時間は食べ物のスピーチの時など特にお腹がすき、とても不満を持っていたそうです。
チーム分けしてお料理を創る過程も楽しみ、全チームのお料理を全員で試食して代表者が食レポをして競い合います。
最後にベスト食レポ賞、ベストお料理賞を投票で決める例会とのことです。



7番目のプレゼンテーターはT本さんで「応援例会」
一人ではくじけてしまうことも、応援があるためにやり切れたりする。
この誰しもが効果を認める応援のバリエーションを増やすことを目的とする例会です。

応援パフォーマーは何に対する応援か明確にして、ベスト応援賞を決めます。



8番目のプレゼンテーターはF本さんで「ちょっと遠くのクラブと合同例会」
地方では珍しい熊本や青森のクラブと合同例会をしてとてもユニークな神奈川スタイルを広めるとともに、まだ見ぬトースト仲間を増やす目的で行います。

明確な目的のある合宿になるので、より充実出来ることがうりだそうです。



最後のプレゼンテーターはI黒さんで「古民家アゲイン例会」
先日I黒さんが仕切ってくださった古民家合宿はとても評判が良かったが、二日目が雨になってしまいやり残したことがあるので、またやりたいとのことでした。
2週間前の合宿の模様をプロジェクターで紹介されて、参加されなかったメンバーへの来年の合宿への参加の呼びかけという狙いを感じ、「策士♡」と思いました。


本日のベストプレゼンテーターは「お料理例会」を提案されたT野木さんです。

来期のどこかで「お料理例会」が実施されることになるでしょう。  



クラブの根幹をなす例会にご自身のこだわりをお持ちの方がこれだけいらっしゃるのはとても心強いです。

みなさん、ありがとうございました。

例会後、S村エリアディレクターより、パスウェイズシステムの解説がありました。



                         以上


投稿者: kana 投稿日時: 2018-6-10 15:37:36 (87 ヒット)

2018年6月9日(土)
毎年恒例となった合宿例会が行われました。

今年度は、千葉県某所の古民家にて一泊で開催。
20名の参加者があり、大変充実した例会でした。


古民家合宿一日目は、地元役場ボランティアによる城下町歴史散策。
ランチタイムは各自好きなお店で昼食。
午後からは、いよいよ古民家にチェックインして、テーブルトピックスのみの例会が開催されました。
TMOD(本日の総合司会)は、今回の合宿例会実行委員長でもあるワタクシI黒が務めました。

買出し・料理担当のT田会長に代わり、次期副会長のHさんより開会の挨拶を頂きました。

次にTMODのI黒から皆さんに2つの約束をお願いしました。

その1、合宿中は、批判的な言動や他人が嫌がるネガティブな言動をしないこと。
その2、合宿中は、それぞれが家族のように呼び合うこと(各自呼んで欲しい名前を自己紹介の際に報告)。

そしてヘルパー紹介。
計時係のO崎さん。律儀な性格そのままに役割説明をしてくれました。
集計係は、幼子と一緒に参加してくれたT口さん。ベテランらしく丁寧な説明でした。


さて、本日メインのテーブルトピックス(即興スピーチ)司会は、入会間もないN田さん。
全員にいきわたるようにたくさんの工夫されたお題を用意してくれました。
落ち着いた司会ぶりに、N田さんが新人さんであることをしばし忘れてしまいました。

総合論評はゲストでエリアディレクターのH田さん。

全員が全員の論評者であると設定して、全員が発言の機会を与えれました。




例会後半は、Hさんご子息の小学生リーダーによるワークショップ。

内容は、じゃんけん大会!しかし、優秀な小学生が考案したもの。

単なるじゃんけんに終わるはずもなく、大のオトナたちが童心に還って、時間も忘れムキになって戦いに挑みました。


小学生のアイデアおそるべし!やはり頭が柔軟なんですね。

今回は、この未来のリーダーにお任せしたことが最高の判断ポイントだったと自負しています。

風は新しく!ですね。



囲炉裏端で行った例会は世界初ではないかと思いますが、その上、小学生リーダーによるワークショップ、「全員が全員の論評者」など異例の論評も初めてではないかと思います。

神奈川らしいユニークな例会も、盛会のうちに閉会しました。





さて、合宿の最大イベント、夜のバーベキュー大会です

料理チームが用意してくれた食材をみんなで焼いて、食して、冷えたビールやハイボール、コーラで乾杯!

開放的な大きな庭でバーベキューも楽しい時間となりました



そして、ほろ酔いを見計らったかのように

ゲストのI井さんが皿回しをご指導

みんな夢中で皿を回していました。

天気にも恵まれ最高に本当に楽しいひと時でした




バーべキューが終わっても楽しい余韻がなりやまず、室内で二次会?

ゲストのFさんがフラメンコダンスを披露。

いつの間にか、全員で踊って歌って大はしゃぎ

再度、ゲストのI井さんが今度はマジックを披露してくれて、夢の国に
いる気分を味わえました。



都会の喧騒を離れて、たまにはこんな時間も必要ですね。

会員相互の懇親も深まって、素敵な時間を共有できました。

参加してくださったみなさま、
そして、委員会のみなさま、特に買出しと料理を担当してくれた皆さん本当にありがとうございました。お料理抜群に美味しかったです!






投稿者: kana 投稿日時: 2018-5-27 10:26:44 (87 ヒット)


2018.5.26神奈川トーストマスターズクラブ293回・川崎トーストマスターズクラブ240回合同例会

3回目となる神奈川と川崎の合同例会が行われました。
ゲスト2名含め多くの参加者となりました。

神奈川TMCのT田会長の挨拶から始まりました。
神奈川・川崎のコミュニケーションを良くするため、ご自身の職場での例を挙げてお話されました。

教育の部に移りまして、本日のトーストマスター(司会)は私、H本が担当しました。
今回の教育セッションとして「楽しく学ぼう!」にいたしました。合同例会ですので、それぞれのクラブの良いところを出し合いながら楽しく学ぶことができたらという思いでこのようにいたしました。

今日の言葉は神奈川TMCのF森さんから「生まれる」という言葉を紹介されました。
ご自身に先週お子さんが生まれたとのことで、この言葉を紹介してくださいました。とてもおめでたいことで、場を明るい雰囲気にさせてくださいました。

計時係を神奈川TMCのHまさん
集計係を神奈川TMCのI井さん
文法係を川崎TMCのSさん
えーとカウンターを神奈川TMCのT山さん
が担当いたしました

準備スピーチは、本日は5本
アイスブレイクの方、CC10の方といらっしゃり、バラエティのある5本のスピーチを聞くことが出来ました。

1番目のスピーカーは、神奈川TMCのS石さんでタイトルは「アイスブレイク」
ご自身の座右の銘「ピンチはチャンス」を紹介された後、名前の由来、仕事の事、趣味の事をお話くださいました。アイスブレイカーとは思えないくらい落ち着いてお話をされていました。

2番目のスピーカーは、川崎TMCのK澤さんでタイトルは「押し売りと私と住宅ローン」
ご自身が訪問販売に会った実例を挙げてその対処方法について教えていただきました。
150万円する布団を勧められ10万円で購入した。節税対策、年金対策にマンションの購入を勧められ年収が少なくても購入出来ると言われたのに、収入を低く伝えると説教をされたという経験を話され、その対処方法を3つ教えていただきました。

3番目のスピーカーは、神奈川TMCのMさんでタイトルは「乙女な生活」
男性であるMさんですがご本人曰く3つの乙女な生活を送っているとのこと。その一つ目は温泉。岩盤浴もされるそうで女性から何とも言えない視線を感じながら楽しんでいるそうです。二つ目はお香とアロマオイル。三つ目はハーブティーを飲むことだそうです。
これはストレスフルな生活からこのような乙女な生活になったので皆さんも試してみてはどうでしょうかと提案されていました。

4番目のスピーカーは、川崎TMCのO田さんでタイトルは「落とし穴」
人生には様々な落とし穴があり、その落とし穴に落ちて3つ良かった事があったというお話でした。一つ目は高校受験に失敗したがアメリカに留学するきっかけとなった事。二つ目は英語が出来なかったが会計学を学ぶことによって成績が良くなったこと。三つ目は就職試験に失敗したが、本当にしたいことが長野にありベンチャー企業に就職したところ、その後東証一部上場企業になったとのこと。落とし穴が未来の自分に繋がっているという内容のお話でした。

5番目のスピーカーは、神奈川TMCのS水さんでタイトルは「女装魂」
女性でも男性ホルモンの量は0%ではない。女性でも男性らしいところもあるし、男性でも女性らしいところもある。世間体では男性、女性と区別をつけたがるが外見では分からない内面がある。ご自身の内面の話をされ自分らしく生きることは幸せな事。世間体を気にせずに認め会う事の大切さを話されていました。

休憩を挟んでテーブルトピックスのコーナー。
こちらは、神奈川TMCと川崎TMC両方の会員でもあるS村さんが司会を務めました。

質問1【私のブランドを教えてください】川崎TMC Sきさん
質問2【某大学の事件がありました。あなただったどのように謝罪をしますか】神奈川TMCのT田さん
質問3【あなたのクラブの一番の特徴を教えてください】川崎TMC S山さん
質問4【空を飛べるとしたら何がしたいですか】ゲストO山さん
質問5【もしあなたが閻魔大王だったら誰にどんな裁きをしたいですか】神奈川TMC C木さん
質問6【あなたが最近驚いた事】神奈川TMC O崎さん
それぞれ即興で自分の考えをまとめられて話されていました。

最後は論評のコーナー、論評のコーナーは神奈川TMCのI黒さんが司会を務めました
神奈川TMCのS石さんに対する論評を川崎TMCのO谷さん、川崎TMCのK澤さんに対する論評を神奈川TMCのA坂さん、神奈川TMCのMりさんに対する論評を川崎TMCのJさん、川崎TMCのO田さんに対する論評を神奈川TMCのA藤さん、神奈川TMCのS水さんに対する論評を川崎TMCのK林さん それぞれスピーチの良い点、改善点をお話されました。
同じクラブの方以外から頂ける論評は、合同例会だからこそできる学びの多いものです。
総合論評はヘルパーに対する部分、テーブルトピックスの部分、論評のコーナーの部分を丁寧に論評されていました。

最後に本日のベスト賞です。
ベストテーブルトピックス賞はゲストのO山さん
ベスト論評賞は神奈川TMCのA藤さん
ベストスピーカー賞は川崎TMCのO田さん
  
今回の合同例会もとても楽しく学びの多い例会となりました。
ありがとうございました。
                         以上

続き... | 残り4987バイト | コメントする

投稿者: kana 投稿日時: 2018-5-16 8:14:18 (88 ヒット)

2108年5月12日(土)18時〜


本日の例会はゲスト1名をお迎えしてF本教育担当副会長の挨拶のもと18時よりスタート!


今回はわたくしY野がその後のバトンを握って司会を務めました。


簡単にご挨拶をして、各役割の説明を促し、そしてTTマスターのF本さんにバトンを託します。

【テーブルトピックの部】

TTマスターのF本さんのお題をコンセプトにしたものでした。

1「あなたの周にいるすごい人について教えてください。」

解答者 N瀬さん
Ans: 同じ職場で働いているTさんについて、とてつもなく仕事ができる上に、睡眠時間が極端に少ないそうです。食事も二日に一度しか食べないそうです。とにかく超人離れした人を紹介してくださいました。


2「あなたのびっくりしたお話を聞かせてください。」 

解答者 H本さん
Ans: 借りた緑色のペンとS水さんの洋服が緑だったことがびっくりした。双子の片割れに結婚することになったことを告げられて驚いた。


3「新しい年号?そしてその時代はどんな時代になるか?」 

解答者 S水

Ans: 女装元年。自分の気持ちの性にとらわれず自由に生きていってもらいたい。そんな時代。変わった自分を肯定してやりたいことが出来る時代。個人個人の革命が起きる時代。


4「S村さんに何があったんでしょうか、教えてください、A藤さん」

解答者 A藤さん

Ans: 好きな人ができたからである。それによって服装が変わる。来年の女装元年で洋服も女っぽく変わる。最終的にはフラれて終わるそうです。


5「遅刻のうまい言い訳を教えてください?」

解答者 N村さん

Ans: 遅刻をしたことがわからないので、よくわからない。電車が遅れたとか、いうべきかな。でもバレる。だからぶっ飛んだものを出すべきかな。家を出たら馬が走っていた。そんな大きな嘘をついて笑いをとるのが良いのでは。



それぞれのお題に当てられた会員の方々が真摯に答えてくださいました。

【準備スピーチの部】

最初のスピーカー  M中さん タイトル 「きれい好きになるためには」


部屋の掃除方法について話してくださいました。

掃除のやる気が出ない時、どうすれば良いか?

掃除をする際に全体を見てしまうため、それで気持ちがげんなりする。

それを避けるためには、一箇所ずつ、そこだけに集中して取り組む。

そうすることでモチベーションが保たれるそうです。

また、掃除をする上で、120パーセントの気持ちで取り組む。

つまり、これ以上ないぐらい片付けるのが大事である。

他人には追随できないぐらい徹底してやる。

そのあと、常に綺麗に保つような意識を持続させること。



二番目のスピーカー I井さん タイトル 「沼男の飼い方」

Iさんの家のベランダには金魚を飼う沼がある。
いつも布団がそこに落ちるため、布団が沼地にしみて濡れてしまう。
それをうまく活用するための方法を話してくださいました。

沼男とは世の中にある面倒ごとのたとえである。
そういった面倒ごとを生かすヒントをくれるようなそんなスピーチ。

三番目のスピーカー S村さん タイトル 「習うより慣れろ。」

タイトル通りのスピーチ。
頭で考えると、失敗を想定するため、逃げグセがついてしまう。
だから座学で考えるよりも、実際に体験して、からだで学んでやる。
つまり、習うことよりも、ならしてゆきなさい、というメッセージ。
懇親会を通して体験した学びを共有してくださいました。




4番目のスピーカー Hさん  スピーチタイトル 「自己紹介」

Hと書いて「Hさ○」と読む。
「Hざ○」と濁さないでくださいと冒頭に、名前の読み方の紹介。
その後は、ご自身の出身地の歴史的な話をしてくださいました。
なぜトーストを始めたかというと、仕事で話す機会があり、またその流れでTEDを知り、人前でスピーチすることにとても魅力を感じたためである。



【論評の部】

○総合論評は約一年ぶりの例会に出席したN村さんに託されます。

全てに対して丁寧な振り返りを行い、会全体をきっちりと取り仕切ってくださいました。

またN村さんの非常にあたたかく、あじわいぶかい総合論評で、大変よかったです。

○結果発表


ベストスピーカー  S村さん

ベスト論評者 J見さん

ベストテーブルトピックスピーカー S水さん


○まとめ

 本日の例会は落ち着いた雰囲気の中で開催されました。
そのため前半に、ちょびっとだけ空気を軽くするためのアイスブレイクを入れて、雰囲気を軽くしました。
今期の例会も残りわずかとなりましたが、会員各意で会を盛り上げて行ければと思います。

 皆様、どうもありがとうございました。

                   以上


   :


投稿者: kana 投稿日時: 2018-4-30 0:34:19 (254 ヒット)

4月28日(土)連休最初の日、第291回通常例会は、T田会長代理のF本さんの開会の挨拶をもって定刻通り始まりました。

今夜のヘルパーたちは
今夜の言葉「実は」を紹介してくれたK村さん。
計時係 A藤さん
集計係 S水さん
文法係 S村さん
えーとカウンター F森さん
写真係 主にF本さんとS水さん、その他相互に撮影

初のテーブルトピックス(即興スピーチ)コーナー司会はM中さんより出題です。
Q1:普段の仕事で気を付けていることは?
A1:J見さん
周囲に自分をイラッとさせる人が二人いて、被害を被っている。昨日もキレそうになった。しかし、プチっと切れないようにすることを今年の目標にしている。

Q2:最近誰かに何かを作ってあげたことは?
A2:S水さん
料理は作らないが、一度だけ料理教室に行ったことがある。そこは婚活形式で、パンケーキを初めて作った。ルックスは最高だったが味はイマイチ。やはり自分は料理に向いていないことを改めて思い知った。

Q3:最近「まさか」と思ったことは?
A3:ゲストO向さん
今日は、何もわからないままここへ来て、指名されたのがまさかの体験。「今夜の言葉」を組入れたり、「えーと」や「あのー」を入れないよう制限がある中でスピーチするのは至難の業。自分にできるかな?と思いながら参加しているがこれがまさかの体験にならないようにしたい。

Q4:最近のヒヤリハットの経験は?
A4:F森さん
仕事上で毎月ヒヤリハット報告をしている。今月はすっかり忘れていたところ、上司にがっつり叱られヒヤリとした。

Q5:最近大げさと思ったことは?
A5:ゲストN島さん
セクハラ問題は、男性側意見女性側意見があるので、騒ぎ立てることは大げさと思わないので、きちんと議論してほしい。他にはオリンピックに大げさにお金をかけ過ぎていると思う。


準備スピーチのコーナー

スピーチ1 :F本さん
CC#2 タイトル「怒っちゃイヤ」
怒りがこみ上げた時のアンガーマネジメントではなく、怒られている時の「怒られマネジメント」について話してくれました。学生時代に選挙カーの運転手としてアルバイトをしていた経験から学んだことは次の3ステップ。1.ひたすら謝る。2.沈黙する。3.逆ギレする。そして、怒られている時は全く別な事を考えていると、痛くも痒くもない!そんな楽しいスピーチでした。

スピーチ2:A坂さん
CC#2 タイトル「私のお仕事」
通関士という仕事を通して、輸入に関わる中で様々なハプニングを経験してきたお話しをしてくれました。最近ではある国の北と南で和解しつつあるが、北の国と我が国は輸出入をしてはいけない決まりとなっている。システムで申告する際のコードを通関士がKRとKPを間違えると大変な事態になるそうです。いずれにしても、国家資格を持っていると仕事にあぶれず失業することはなく安心。だから資格は大事だと力説してくれました。

スピーチ3:H坂さん
ACマニュアル:情報を分かりやすく説明することに主眼を置いたスピーチPJ4(質疑応答あり)
タイトル「準備スピーチをしよう!」
準備スピーチは大変だけどやってよかった!と思うのは、やはり「自己受容」を実感できること。現代社会で最も欠けていて求められているもの。スピーチの醍醐味は自分の価値観に向き合えること。心の解放と浄化を無意識におこなっている。自分自身に高度なカウンセリングを行い、気づきが得られ意識が変わっていく。元神奈川の重鎮メンバーだったベテランH坂さんならではのスピーチでした。
質疑応答
F本さんからの質問:スピーチ作成の際にみんなネタに困ると思います。H坂さんはどうしていますか?
答:とにかくやっちゃってください!ここ(演題)に立つと何か浮かぶはずです。
S水さんの質問:もしH坂さんが女装スピーチをするとしたら?
答:個人的に話合いましょう!
K村さんの質問:原稿はどれくらい作りこんでいますか?
答:原稿は必要。理由は、自分自身の言葉にあっているかどうかデータとして残るので大変重要です。原稿なしでできる人もいるが、原稿のあるなしはその後の成長度に関わってくる。

スピーチ4:O崎さん
CC#5:ボディランゲージ
タイトル「まだまだこれから」
サッカーに対する熱い想いを込めたスピーチ。日本サッカーの歴史を詳細に語ってくれました。世界の強豪と互角に戦えるまでは、まだまだ時間がかかる!このスピーチのタイトルの意味はそこにも込められています。だからJリーグを長い目で見守りたい!まだまだこれからです!と日本サッカーへの情熱を語ってくれました。

****************************************
休憩を挟んで論評の部。司会はT山さんへとコントロールが代わりました。
I井さんはF本さんへの論評。
良いところとして、1.タイトルが良く引き込み方がすごい!2.エピソードの臨場感があった。3.対処法が具体的で実践しやすい。この3つを挙げ、改善点としては、「怒られマネジメント」というゴロの良いフレーズを冒頭からもっと使うべきだと提案しました。

N田さんはA坂さんへの論評。
GWの話から仕事である通関士の説明へと流れがスムーズで良かった。2.演題の周囲を回りながらスピーチしたので、聴衆を飽きさせなかった。3.具体的にイメージしやすい内容だった。改善点は2つ。1つは、時間オーバーでもったいなかった。落ち着いていたので、もっと計時係を見ながら話しができたと思う。2つ目は、序論と本論とオチ(結論)が繋がっていなかったので、あえてオチは要らなかったのではないかと話しました。

HさんはH坂さんへの論評。
聴衆が興味を持つタイトルで場を巻き込んでいた。自分を受容れられる、自分の価値観を再認識できる、内容が伝わることで安心感を得られるのがスピーチだということを分かりやすい言葉・表現で繰り返し説明されていたことが素晴らしい点だったと挙げました。改善点というよりは、聴いていてわからなかった点として、自己カウンセリングが行えるのは、H坂さんレベルのスピーカーになって感じられることではないかと話しました。

J見さんはO崎さんへの論評。
素晴らしいスピーチ1.まるで日本のサッカー界の歴史を見ているかのような情報量満載の内容だった。2.演題の前に堂々と立って張りのある声で熱く語り、サッカーへの想いが伝わった。3.日本のサッカー界は世界に比べるとまだまだということを知らせる企画が素晴らしく説得力があった。O崎さんのスピーチがもっともっと良くあるためには、プロジェクトに沿った、ボディランゲージがあれば良かった。サッカーを表現するには、一度だけ足を蹴上げれば誰でもわかるので、スピーチの冒頭に思い切りやってみると、吹っ切れるのでぜひやってみてほしいと提案されました。

****************************************
ヘルパー報告の後、T山さんによる総合論評へ。

「今夜の言葉」を選んだ理由もはっきりしていて、またとても使いやすい言葉だった。ヘルパー説明や報告は事務的にならず良かった。今夜は初めての役割が多い中、みなさん落ち着ていた。初論評や、ベテランスピーカーに対する論評、ゼスチャーを交えた論評など的を得ていてわかりやすい論評だった。
TMOEのI黒さんが、例会最初にお隣さんと挨拶を交わしたり深呼吸したりして、リラックスした雰囲気でスタートした。連休初日とは思えない人数が集まり、ゲストも多数のにぎやかな例会だったと話されました。T山さんご自身も初総合論評でしたが、大変落ち着き、適格な分析をされていました。

****************************************
受賞者発表の時間!
ベストテーブルトピックス賞 (ゲストの)O向さん
ベスト論評者賞 J見さん
ベストスピーカ賞 (元神奈川メンバーでゲストの)H坂さん

おめでとうございます。

****************************************
後記:久しぶりのTMOEの私。流れを忘れていて戸惑いながらも時間だけは厳守できました。司会も楽しいけど、例会に出るならやっぱりスピーチしたいなぁーと、みんなのスピーチを聴いていて思った次第です。

I黒S美    


投稿者: kana 投稿日時: 2018-4-15 22:46:59 (125 ヒット)

平成30年4月14日(土)17:30〜19:30
かながわ県民センターにて通常例会が行われました。

準備スピーチ

K村さん
ピアノにかける熱い思いが伝わるスピーチでした。

N島さん
海外に行ったらコミュニケーションを取ることが大事なことを教えてくれたスピーチでした。

A藤さん
子供時代のおもちゃにかける思いがこもったスピーチでした。

T遠山さん
近くてまだ遠い亡国へ旅行した貴重な経験をされた興味深いスピーチでした。

本日のベスト賞は!!!

ベストテーブルトピックス賞 Hさん 
ベスト論評者賞 F森さん
ベストスピーカー賞 T山さん 




(1) 2 3 4 ... 26 »

今後の予定