第135回例会記録 @テーブルトピックス例会

投稿日時 2012-8-14 2:09:24 | トピック: 例会の記録

■日時:2012年8月11日(土) 17:30〜19:45
■内容:
湘南TMCからH田さん、S原さん、U田さんや東京フェニックスTMCからK村さんを含め、7名のゲストを迎え、和気あいあいと開催しました。
Table Topics(TT:即興スピーチ)インハウスコンテストを一ヵ月後に控え、今夜の前段は全員参加型のTTのワークショップ、
後段はTTとその論評と今までにない新企画でTT例会を開催しました。


まずはM田会長のオープニングトークで幕開けです。
今日の例会の意気込み注入と来月のTT例会についての話でした。








次にゲストとして参加していたT口さん。
何度か参加するうちに神奈川TMCに惚れ込んでしまい、入会する運びとなりました。
本日入会式を行い、例会での活発な行動力を早速発揮し、はじけるような若さと
強力な仲間が増えたと感じました。




教育の部に移り、「今夜のトーストマスター(司会)」は、新企画ということで慣れた?
I上が務めました。

「今夜の言葉」は、円満できっちりとしたO田さんの担当です。


選んだ言葉は、「頑張れ(ガンバレ)」
ロンドンオリンピック開催中で、オリンピック選手の応援とともに
TMCのメンバーへ応援で今の季節にぴったりの言葉です。
しかも、今日は「ガンバレの日」でもあるとのことでした。




また、例会の運営を以下の方々に、サポートしていただきました。
役割の説明も明瞭簡潔でしたので、一般のゲストにも分かりやすいものでした。
ご協力ありがとうございます!
・計時係:H部さん
・集計係:S村さん
・文法係:A木さん
・ホワイト・ボード係:T田さん

前段はW邉さん担当のTTワークショップ。

事前に目的、TTのやり方、論評で含めてほしいこと項目等の説明の後、全員参加の実際の練習。
今までの神奈川TMCのTTをまとめた資料を「お題」短冊とし、ペアでTT実施。
すぐに良い点、改善点を手短に論評。さらに2度、ペア変えTTの場数を踏みました。
一人6回のTTと論評。リラックスした状況で多くのTTをこなすという目的は十分に果たせました。








休憩を挟み、後段はOさん担当のTT&論評マラソン。


皆の前での実施という少しプレッシャある状況でのTT。

まずは、「明日から会社に来なくて良いと言われたら、あなたはどうしますか?」とOさんから力強く「お題」提示。
そして、M川さんを指名すると、すぐに拍手でリード。
Oさんのこの雰囲気の盛り上げ方はさすがにうまい!!「まずは上司に頭下げ、復職困難なら、自分で会社を起業。
可能性と夢を持ち実現させる。」と持ち前の知識の多さと夢を筋だてたスピーチ。
空かさず、Oさんは論評者としてT中女史を指名。

「構成のよさと夢をもつすばらしさ」をほめ、両人とも突然の指名とは思えないほどすらすら、話す姿に、聴衆は強い拍手で答えていました。

次は、「あなたが宇宙飛行士になりたいです。努力することは何ですか。」と突飛とも思えるお題に対し、ゲストのH田さんは間髪いれず、話出しました。「今、しているイヤリングをはずし、飛行士になるため外見から調えていくことや、精神的安定している中年、また、色恋ざたもない強い女性のほうがこれからの宇宙飛行士には適任」と自信にあふれる力強い口調とユーモアたっぷりのスピーチに対し、論評者に指名されたA藤さんは「TTとは思えないほどの構成のよさとユーモアのうまさ」を絶賛し、改善点まで指摘する余裕の論評でした。

3番目は「人生の中で泣いた出来事はどんなことですか」というお題を入会したばかりのT口さんを指名。ペットの愛犬との別離を時系列に話し、愛するものがなくなる瞬間の悲しみを切に訴えたTTでした。これに対し、ゲストのS原さんは2年ほど前に失った奥さんを思い出し、其の切なる気持ちが身にしみて共感を覚えたと感情豊かに論評しました。

4番目は「3月3日は女の子の日、5月5日は男の子の日、おばあちゃんの日はいつでしょう?」と想像力を試すお題には、S石さん。「ほら、もうすぐあるでしょう。お盆。この日が当然、おばちゃんの日です。」とゆったりと話しかけるようにし、人を引き付けてゆくのはさすがベテランです。「時間があるようなのでとおじいちゃんの日まで言及する余裕でした。この論評には、いつも前向きでひたむきなM口さんはスピーチ構成の良さやS石さんの人柄までを取り入れたM口さんならではの暖かい論評でした。

5番目は「あなたはスマートフォンのアプリ開発者です。新たなサービスのプレゼンをお願いします。」とフレッシュマンのY崎さんをご指名。ウーンと一瞬迷った末、好きなスウィーツを紹介するアプリの解説を始めました。さらに甘い物を食べた後の散歩道を含めたアプリですとアピールしました。それに対し、ゲストのU田さん。スマートフォン、アプリ、スウィーツ等年配の人にとっては、苦手の範疇の言葉で心配しましたが、そこはベテラン。若者の感性を誉めてうまく論評しました。

6番目は「あなたはテーブルトッピックス全国大会のお題の提示者です。ファイナルとしてのお題は何ですか」難問ですが、ベテランのT中さん、『「幸せとは何か」というお題にします。老若男女の一堂に会するこの大会。価値観の違いを一度に聴けるチャンスです』とまとめ上げました。これに対する論評は、W邉さんでした。

7番目はそれを受け「そのお題を採用して、次のお題は、『幸せとは何でしょう』です」とさらに抽象的で難しくなったお題に対し、ゲストのK村さんは当てられて幸せだったのでしょう。その気持ちをこの神奈川TMCに参加したことを題材にし、膨らませ、引いては国会前の原発反対運動での子供の言葉を引用しながら、堂々と前に踏み出してのスピーチにベテランの味を感じました。このスピーチに対する論評はM行さんでした。

8番目は「あなたは死期が迫っています。最後の晩餐、誰と食べますか」というお題に対しゲストのI井さんは「キリストの最後の晩餐をイメージし、友人たちに囲まれ、皆さんに感謝できる晩餐にしたい」と締めくくりました。これに対する論評は、N村さんでした。

9番目は「あなたは売れっ子のアイドルです。5年間、休暇も無く働きづめでしたが、急にキャンセルがあり、一週間時間ができました。さてあなたなら何をしますか」というお題にA木さんはそのアイドルになりきり、京都観光を楽しむとの答え。これに対する論評は、I塚さんでした。

そして最後は「あなたは役員の会場係りです。例会の始まる2時間前です。例会の会場が取れていませんでした。あなたならどうしますか」という現実にありそうなお題です。T田さんをご指名。T田さんはその状況にすぐに入り、宴会場でやるのもエンカイと携帯片手に電話するふりをし、一度目はうまくいかず、二度目は予約できたとの設定。これに対する論評は、I黒さんでした。








集計をする間、今夜の言葉報告。比較的使いやすい「ガンバレ」という言葉でしたが、予想より使われ方が少なかったようです。
TT&論評、ともに即興のため、話しなれた人でもその言葉を入れる余裕が無かったと思いました。
また、文法係報告では、美しい日本語、気に入った言葉、センスのある語彙など数多くあげてもらいましたが、
即興の中にもいい言葉がちりばめられていたことには、皆さんの語彙力を改めて感心しました。
今回はTTと論評の受賞者を増やしたため、時間があったので最後にこのTT例会の推進者の一人であるW邉さんにTTをしてもらいました。
「オリンピックの競技の一つであるカバティについての即興スピーチを披露」とまさに締めくくりに合ったTTでした。

総合論評はベテランのS伯さんです。


TT&論評の新たなる試みの成果はすばらしかったと締めくくると共に、さらに良い例会のため、
入会式の不手際の注意喚起を示しました。







TT賞はT口さん、A木さんの2名、
論評賞はW邉さん、M口さん、I塚さんの3名が選ばれました。







今回は、「場数を踏む」という目標は十分に達成されたと思います。
終了間際には、脳細胞活性の飽和状態で朦朧としてきた人もいたかと思いますが、TT特別例会、十分に楽しめ、得るものが多かったと思います。

最後にゲストの方から感想が発表され、見学の方から1名、入会の宣言がありました。

皆様、ぜひ、見学にいらしてください。会員一同、お待ちしております。


神奈川トーストマスターズクラブにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.kanagawatmc.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.kanagawatmc.org/article.php?storyid=165